小野が悪い。ただ小野だけが悪い?

2021年8月15日
千葉ロッテマリーンズ 3-5 オリックスバファローズ
16回戦 @ZOZOマリンスタジアム

小野はいつまでもそのままでいいのか

足に打球を受けながら5回を投げ抜いた朗希、代打起用で度肝を抜く逆転2点本塁打を放った山口の活躍があり、その時点では今日は勝てると思い込んでしまいました。
ただ冷静に考えるとまだ5回終わった段階での1点差リードだったので絶対勝てた試合とは言えませんし、小野があそこを抑えていても負けていた可能性は十分あります。
ただそれでもやっぱり今日の試合は小野でしょう。

甘い変化球を打たれての2塁打、バントをやらせればいいのにストライクが入らず無駄な四球、送りバントもフォースプレーなので3塁アウト狙えたと思いますし、吉田正も結局歩かしてしまいましたし。
結局どれもこれも心のどこかで勝負を逃げていた結果でしょう。

2軍じゃセーブ王、1軍でもビハインドでは無双しているにもかかわらず、勝ち試合だと急に脆さを見せる小野。
ベンチの期待する気持ちもわかりますし、こういう場面でも使ってみたい気持ちもわかりますし、なんなら小野の気持ちもわかります。
ただいつまでもそのままでいいのか、本人が一番わかっているかと思いますが、今一度自分に問うてみて欲しいです。

小野だけのせいでいいのか?

一番目立ったのは小野ですが、かといって小野に全責任があるとは到底思えません。
2回の藤原の牽制で飛び出したシーン、さすがにサインプレーじゃないと思いますので完全に藤原のミスでここ1か月で何度目でしょうか。
バント失敗を含めて4三振の藤岡、完全に今日の打線のブレーキでした。
せっかく出塁したのにライナーに飛び出しゲッツーを食らった田村。
投手陣だと8回に追加点を許してしまった東妻もたまたま1点で済んだといった感じで正直小野とどっこいどっこいです。

さらに言うと今日はベンチが冴えていなかったと思います。
藤岡のスリーバントも意味わかりませんし、ここまでの展開を見て今日は藤岡の日ではないことは明白で、なぜ最後に代打を出さなかったのかも疑問。
2アウトでとにかく繋ぐしかないですし、期待感なら 佐藤 > 今日の藤岡 ですので、ネクストで佐藤を終わらせてしまったことはもったいないです。
そしてベンチには足を使える選手が多いのに結局代走は最後の和田だけなのもやや気になります。
こうしてみると負けるべくして負けたと思いますね。

朗希と山口は次も頼むよ

フラストレーションが溜まる試合になりましたが、良かった点は朗希と山口の若いコンビでしょう。
朗希はジョーンズに打たれたボールは完全に失投で反省点ですが、結局今日はこの1本だけ。
ストレートの球速の平均は154キロくらいとだいぶ上がってきましたし、制球力も良かったです。
あとはずっと言っていますが変化球の精度、スライダーでストライクが取れれば本当に楽なんですけどね。

そして山口、また凄まじいホームランでした。
打った瞬間はワンバウンドでフェンス直撃くらいかなと思いましたがまさかフェンスを越えるとは。
本当に素晴らしいパワーです。
まだまだ確率は低いですが魅力はたっぷり、楽しみな選手ですね。

モヤモヤする負け方になってしまいましたが、これもまた野球。
切り替えて次の試合に臨むしかないです。
首位バファローズ相手に負け越してしまいましたがまだ大丈夫、まだ大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です