終わり良ければ総て良し!とはいかないか

2021年8月10日
千葉ロッテマリーンズ 5-3 東京ヤクルトスワローズ
エキシビションマッチ2回戦 @ZOZOマリンスタジアム

劇的勝利だけど…

レアードの劇的なサヨナラホームランでエキシビションマッチ最終戦勝利!この勢いのまま後半戦へ!

って思えればいいのですが、性格がひねくれているところもあるので手放しには喜べないエキシビションマッチ最終戦だとは思います。

レアードのサヨナラホームランは見事でした。
あの長打力と勝負所での高い集中力はやはりさすがで、マーティン不在の後半戦前半はレアードに頼るしかありません。
ただちょっと気になるのはレアードがサヨナラホームランを打ててしまったこと、つまり「4打席目」に立ったことです。
荻野や奨吾、エチェバリアといった主力組は3打席でベンチに下がっていますし、練習試合なことを考えるとレアードが守備に就いてフル出場する必然性は乏しいかなと思います。
ベンチには西川とか打席に立たせたい選手はいましたし。
そうなるとバッティングの状態はそこまで良いわけではなく、今日の3打席の内容を見てベンチが追試の4打席を課した可能性があるかなと。
そこで結果を出すレアードはさすがですが、サヨナラホームランの代わりに西川の三振でも見ていた方がある意味安心できたかもなんて思ってしまいました。

仮想宮城だったけど

スワローズの先発は石川、個人的にはバファローズの後半戦開幕投手である宮城の良いシミュレーションだと考えていました。
同じ左投手ですし、球種や投球スタイルも比較的似ているかなと思ったので。

ただその結果は散々で、4回まで1人もランナーを出せず石川に逃げられてしまいました。
さすが石川といった投球術で完全に術中にはまった感じはありますが、これは宮城相手にも同じようになる可能性は十分あります。
これが今日の試合の一番の課題だと思います。

岩下はきっと大丈夫

今日の岩下、良くなかったですね。
さすがに5回でヒット7本は打たれ過ぎ、それもほとんどストレートでしたし。
なんだかんだで5回を2失点にはまとめましたが、この岩下のピッチングも後半戦に向けて気になるポイントです。

ただ岩下に関してはきっと大丈夫、後半戦開幕はしっかりやってくれると思います。
今シーズンの安定感はチーム一ですし、簡単に崩れない粘り強さが今の岩下にはあります。
個人的には岩下のこと結構信頼していますので、1週間後はまた力強い姿が見られるはずです。

ということで今日の試合は勝利したこと以外は不安材料は多めかと思います。
ただ同じ内容でも試合に負けたのと勝ったのでは雲泥の差、課題が多い中でも勝利したというのは何事にも代えがたいはず。
残りわずかですが選手達にはうまく調整してもらって、いい形で後半戦開幕を迎えて欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です