主力組は結果を残し、アピール組はアピール不足

2021年8月1日 エキシビションマッチ3回戦
千葉ロッテマリーンズ 2-2 広島東洋カープ
@マツダスタジアム

主力組は実力通りだけど

パソコンが使えなくなり仕方なくスマホで書いていますので、いつもと違い読みにくいかもしれませんがご容赦ください。

今日は引き分けで所用で試合もほとんど見れてませんので、今日の試合に関しては特にコメントはありません。まあ成績を見る感じでは野手は主力組はしっかり結果を出し、アピール組は結果を残せずと言った感じでしょうか。来週からはレアードとかも合流するでしょうからアピール組はさらに出場機会が減りそうで、誰が1軍に生き残るのか井口監督の判断が気になります。

投手陣も1軍当落戦上の選手のリレーで9回2失点ならまずまずですが、相手は主力不在の打線ですので参考程度でしょう。特にや横山や土居は練習試合なので無失点が評価されるのではなく、無駄な四死球など減らすなどした方が1軍に近いでしょう。まあリリーフ陣は台所事情が苦しいのでこの若い世代の2人にも助けてもらわないといけなそうですが。

今日は短いですがこれで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です