美馬が復活?朗希も中6日?後半戦のローテは?

美馬が久しぶりのマウンドへ

今日のイースタンのマリーンズ戦で美馬が復帰登板を果たしていました。
登板はおそらく大炎上した交流戦のジャイアンツ戦以来、1ヶ月以上間隔が空いてしまいましたね。
今回の抹消は身体のコンディション面だけでなく、メンタル面での調整期間だった気もします。

内容としては2回を投げてヒットは1本打たれましたがそれ以外はほぼ完璧、2軍戦とはいえ復帰登板としては上々でしょう。
まぁ美馬に関しては2軍行きになった経緯からして、1軍の試合で投げてみないとわかりませんので過度な信頼は禁物かと。
とりあえずこの後はエキシビションマッチで2回くらい投げてみて、後半のローテに組み込むかどうか判断されるはずです。
個人的には優勝へは美馬の復活は不可欠だと思っていますので、次回登板の内容が気になりますね。

佐々木朗希も中6日ローテ?

井口監督はエキシビションマッチで朗希の中6日ローテを試すことを発表していました。
おそらく非公式戦で夏場のこの時期ですので各試合3イニングくらいだとは思いますが、中6日のローテの調整パターンを経験することはいいことでしょう。

ただ個人的な意見では今年に関しては朗希は今まで通り登板→抹消ローテでいいのではないでしょうか。
前半戦最終登板になったファイターズ戦もそうですが、初めて1軍の戦力として戦うシーズンで疲れが溜まっているように見えます。
せっかく去年1年間使ってじっくり育ててきた素材ですので、ここまでの過程を無駄にしないために無理に中6日ローテを始める必要はないと思います。
先発ローテは離脱者は多いですが、決して使ってみたい選手がいないわけではないので。
岩下が柱としてしっかりしてますし、美馬も復活することを期待して、中10日の朗希をうまく利用しつつローテを回すことが1番勝ち数が増える気がしてます。
吉井コーチの判断はどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です