6選手6様だったけどオールスター初戦面白かったよ

2021年7月16日
全パ 4−5 全セ
@メットライフドーム

ドンマイな益田、誇らしい千隼

オールスターなんで勝った負けたは二の次ということで、益田で負けはしましたが面白かったオールスター初戦でした。
まずその益田からですが、工藤監督が盛り上げようとやった申告敬遠が裏目に出た感はあります。
その前のスワローズ中村の送りバントもサインなのか自発的なのかは定かではないですがそれに乗らされましたね。
必然性に欠く満塁策での押し出し四球はドンマイとしか思えません。
まあお祭りですので仕方ないですね、明日は投げないでしょうから後半戦に向けていい調整を。

見事だったのは初出場の千隼。
7球であっという間に1イニングを終わらせて、the 千隼と言ったイニングでした。
坂本から空振りを奪ったスライダーはもはや魔球の一種、この大舞台でも通用する素晴らしいボールです。
度重なるケガを乗り越えて掴んだこのオールスターのマウンドで躍動する千隼を誇らしく思います。

幕張寿司オールスター支店

打者陣はもちろんレアード、完璧なホームランでした。
意外にもこれがオールスター初ホームランらしいですね。
まぁその打席以外は結構雑な打席でしたけど、それも含めてレアードらしいということで。
ちなみに握った寿司はやっぱりホークスの松田が美味しく頂いてましたね。

ホームランダービー辞退したマーティンは6月末くらいからの成績を考えるとやはり身体的にギリギリなところなのでしょうね。
まぁプレー自体は問題なさそうでしたし、明日は休みか1打席くらいでしょう。

奨吾は途中出場ながらマルチヒットはさすがです。
ただ名実ともにパリーグを代表するセカンドだと思うのですが、今日はメットライフドームということで呉がスタメン、明日もどうせ地元の浅村でしょうからなんだかなと言った気分です。

荻野も同点のきっかけになるヒット1本、こちらも結果を出しました。
荻野は明日スタメンかなと思いますので活躍に期待です。

6選手6様でしたがマリーンズから選ばれた全選手が出場し、オールスターかなり初戦は楽しめました。
明日は今日より見所ないかもしれませんが、それでも楽しみにしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です