ホームランに泣いて始まり、ホームランに泣いて終わった2021年シーズン前半戦

2021年7月14日
千葉ロッテマリーンズ 3-8 埼玉西武ライオンズ
@メットライフドーム

ホームラン3本打たれたらさすがに無理

前半戦最終戦、勝って終わりたいところでしたが投手陣が3本もホームランを打たれてしまうとさすがに勝てません。
開幕戦もホームランに泣きましたが、前半戦最終戦もホームランに泣くのですね。

先発の小島はストレートにしろ変化球にしろボールが高過ぎです。
1回2回も結構怪しかったですがなんとか無失点、ただ3回は四球から始まり4失点。
特にど真ん中高めのストレートを打たれた呉のホームランがもったいないです。
小島はこういった大事な試合で結果を出せないのは相変わらず、ローテの5番手くらいでいつまでも満足していては困るのですが。

1点差に詰め寄り均衡していた試合を動かしてしまったのは7回を投げたハーマン。
肌感覚的に5試合に1度は複数失点してしまう今シーズンのハーマン、昨シーズンの様な安定感はなく、さすがに年齢的な問題がある気がします。
唐川次第ですが後半戦もハーマンを勝ちパターンとして使い続けるべきか、吉井コーチの判断が気になります。

そしてとどめの1本を打たれたのがリリーフ登板した二木。
1イニング限定ならどんなピッチングをしてくれるのかちょっと楽しみに見ていましたが、ストレートの球速はいつも通りですしコントロールは先発の時以上にアバウト。
打たれたスライダーは柿沼でもスタンドに運べるような失投です。
開幕戦も二木がホームランを打たれて始まった2021年シーズン、前半戦の最後も二木がホームランを打たれる姿を見て終わるとは何とも皮肉なものです。

三者凡退ばっか

投手戦ではないにもかかわらず試合時間が2時間32分で終わってしまった今日の試合、9イニング中6度の三者凡退ではこちらに流れが来ませんね。
ワンチャンスをものにした3回の攻撃は見事でしたがそれ以外は見どころほぼなし。
高橋光成が良かったのは間違いないですが、それでもあっさり攻撃終了しすぎです。
ランナー出なければ和田、岡、小川といった代走のカードを切る機会もなく、淡々と攻撃が終了するのも見守るだけは辛いものですね。

今日の試合で唯一心躍ったプレーはエチェバリアのベアハンドでしょう。
あのプレーは日本人にはできませんし、さすが守備でメジャーを渡り歩いてきただけあるなと思います。
昨日もダイビングスロー然り、エチェバリアの守備は見ているだけで幸せですね。

とりあえずお疲れ様

何はともあれ前半戦終了、とりあえずお疲れ様です。
チームは貯金3で首位と2.5ゲーム差の3位、優勝も全然狙えますし、開幕5連敗だったことを思えばまずまずの成績でしょうか。
ただ後半戦の失速もお家芸なので油断はできませんね。
前半戦の総括はまた改めて行いたいと思います。

今日から1ヶ月試合がないと思うとすでに寂しいですが、疲れも見える選手もいますのでいいリフレッシュの期間になることを祈りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です