世界平和を願うルーキー河村の初勝利に乾杯

2021年7月7日
千葉ロッテマリーンズ 4-1 福岡ソフトバンクホークス
@ZOZOマリンスタジアム

河村が初先発初勝利

初のヒーローインタビューでもあの落ち着いた語り口や、七夕の願いを聞かれ世界平和とかます当たりとても新人とは思えませんが、そんな河村のプロ初勝利を素直に喜びたいと思います。
肝心のピッチングの方はさすがに緊張感が垣間見え、初回は変化球を投げる余裕がなかったり無駄な四球を出したりと反省点はありますが、4回5回くらいのピッチングは見事です。
失点した3回は今宮に打たれたスライダーだけ失投で、カウント有利だったのであれは今日一番反省してもらいたいところ。
ただ柳田に打たれたのもインコース低めに投げ切ってはいますし、そのあとのピンチもフィルダースチョイス絡みですので、逆によく味方のミスをカバーしたなと感心しました。
5回を投げて77球とまだまだ余力はありそうでしたがここでの交代は妥当かと。
ミーティングで今日は総力戦という井口監督の言葉に対し良い意味で裏切ってやろうという反骨心は頼もしいもので、まだまだ足りないところは数多くありますがぜひ次も1軍で先発をと思わせてくれます。

天の川で釣ったネタは?

打撃陣ではもちろんレアード、あの場面で最高の仕事をしてくれました。
高めの変化球で好きなボールと言えばそうなのでしょうが、それをミスショットなく捉える当たりはさすがなものです。
今日は握ったネタについてのコメントはありませんでしたが、天の川で釣ったネタはなんでしょうか?

そしてそのあとのエチェバリアの追加点も大きかったです。
ホームラン連発していましたがこの鋭いライナー性の当たりが本来の打撃なのでしょう。
これで1軍で51打席立ちましたのでやっと本領発揮ですかね。

ちょっと気になったのはそのエチェバリアのタイムリーで生還した角中がホームスライディングした際にちょっと怒り気味だったこと。
口元の動きから察するにおそらく走路にあるバット引きを怠ったことを藤岡に対してでしょう。
さすがにこれは角中が正しいと思います。
同じパターンで田村が2カ月離脱したのでそこはしっかり反省と改善すべきで、イケイケのムードに流されて雑になってはいけません。

マーティンはあと5試合耐えよう

併殺打2本と今日の打線のブレーキになってしまったマーティン。
角中をライトの守備に就かせるくらいなのでコンディションが良くないのでしょう。
休ませたい気持ちはあるのですがスタメンにマーティンの名前があるのとないのでは全然違いますので、中断まで残り5試合なんとかそこまで耐えてもらいたいです。

あとは藤原昇格により可能になったレフト荻野はいいですね。
もちろん派手なダイビングキャッチもいいですが、それ以外の難しそうな打球も難なくこなしてくれます。
こんなレフト荻野なんて贅沢できる球団はそう多くはないでしょう。

さあこれで5連勝、良い流れです。
首位バファローズとは2.5ゲーム差と背中がだいぶ見えてきました。
まずは週末のファイターズとの3連戦、相性のいい相手ですので2勝1敗が最低ラインです。
とりあえず明日はゆっくり休んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です