荻野のスーパープレーから始まった快勝

2021年7月5日
千葉ロッテマリーンズ 8-1 東北楽天ゴールデンイーグルス
@ZOZOマリンスタジアム

全ては荻野のスーパープレーから始まった

勝利の要因としては岩下の好投も4本のホームランもありますが、その全ての始まりは2回の荻野のスーパーダイビングキャッチです。
逆にあそこで失点していたらこんな快勝とはならなかった可能性がありますので、本当に荻野様様です。
一直線に落下地点まで移動し、ここしかないというタイミングでのダイビング、本当に痺れました。
藤原の存在で荻野をレフトで使えるという贅沢ができますので、その贅沢を十分味わいたいと思います。

そしてこの荻野のスーパープレーの直後にマーティンが先制の一発。
ライトスタンドに突き刺さるすさまじい打球でしたが、苦手としているインコース高め寄りのボールを捉えらえたので復調の兆しでしょう。
一時期マリーンズを支えた荻野マーティンの12番コンビは解散しましたが、形は違えど荻野マーティンによる攻守での活躍による先制劇、素晴らしいです。

さらには藤岡も今日は目立っていましたね。
勝ち越しホームランは打球としても完璧でしたが、先制したのにすぐ追いつかれた直後の一発でタイミング的にも完璧でいい仕事です。
打率も.271まで上がってきましたし、たしかにこの藤岡が下位打線にいるのは今のマリーンズ打線の強みかもしれませんね。

7回までは岩下への信頼感の証

辰巳への一発が余計と言えば余計ですが、7回1失点でまとめた岩下もさすがの一言です。
今日もストレートに力がありましたし、余計なボールを使わずどんどん勝負していく姿勢は好感が持てます。
まあこのスタイルには一発は付き物ですから大目に見ましょう。
そしてなにより長いイニングを投げようとして投げることができたところに岩下の成長を感じます。
益田と東妻は連投しており今日は使いたくない、勝ちパターンも昨日投げている状況だったので、岩下には長いイニングを投げて欲しいと誰しもが思っていたところ。
もちろん大量リードを奪った野手の功績もありますが、そんな中今日の様なピッチングを見せられたら岩下の評価はさらに上がります。
本人は8回も行きたそうなコメントでしたがこれは来週を見据えてのベンチの配慮、もう今のチームのエースは岩下と言って差し支えないでしょう。

8回は田中靖洋が復帰登板、上位打線を三者凡退で簡単に片付けました。
相変わらずの安定感でやっと帰ってきてくれたかあと安心しました。
とりあえず一回楽なところで投げれたので、次からは厳しい場面での登板が予想されますが、また見事な火消しを期待します。

好守に魅せたエチェバリア

抹消された安田は心配ですが、その代わりに昇格したエチェバリアが好守に魅せてくれました。
まずは4回のホームラン、正直打球より投げたバットの方に目が行ってしまいましたが、結構飛距離も出ていましたしナイスバッティングでした。
そして守備でも好守連発、とくにセンター前に抜けそうな打球を捕球してからのあのランニングスローは見事でした。
怪我の功名ではないですが、安田の離脱を利用してうまく1軍に復帰したエチェバリアを含め、これから三遊間のレギュラー争いも面白くなりそうですね。

エチェバリアが復帰し安田も長期離脱にはならない場合、内野手から誰か抹消されるわけですがその有力候補は高濱でしょう。
今日は代打で1打席貰いあと数センチに泣きましたが、高濱からしたら結果が全ての立場ですので見逃し三振では残念ながら1軍に生き残れないでしょう。

これだけ攻撃しながら試合時間は3時間を切り、観ていて非常に心地良い試合で、今のところ今季のベストゲームでしょう。
さあこれで今季初の同一カード3連勝、この勢いのままオールスターまで行きたいですね。
明日は千賀が相手ですので厳しい戦いになるとは思いますが、今のマリーンズなら十分チャンスありです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA