良いニュースはマリーンズから6選手がオールスターへ、悪いニュースは安田と横山が特例2021で抹消

オールスターには6選手が出場決定!

今日オールスターの監督推薦選手が発表され、佐々木千隼、益田、荻野、奨吾が選出されました。
すでにファン投票でマーティンとレアードが選出されていますので、これで6選手がオールスターに出ることになります。
近年のマリーンズからしたら多い方でしょうか。
因みにマーティンはファン投票の外野手部門、選手間投票の外野手部門とDH部門の3冠ですごいですね。

そして何といっても今年は千隼でしょう。
今年見事な復活を果たした千隼ですが前半戦の活躍は素晴らしく、防御率0.88(7月4日時点)はもはや驚異的。
逆に選ばれないとおかしいといった成績です。
他球団からも認められオールスターの舞台に立つことになった千隼を誇らしく思います。

安田、横山はお大事に

オールスターのニュースの陰でちょっと心配なニュースが。
安田と横山が特例2021で抹消されたようですね。
どうやら横山が発熱して安田も接触者の可能性がありでの抹消で、PCRの結果もまだですが念のためといった感じの抹消ですかね。
過去の経験的に感染していたら2~3週間、濃厚接触者だったら1~2週間くらいの離脱だと思います。
特にレギュラーの安田の離脱は痛いんですが、五輪中断まで残り1週間の時期ですので焦って無理に戻ってくる必要はないかなと思います。

代役にはエチェバリアと土居が昇格。
エチェバリアは2軍戦がことごとく中止で状態が気になりますが、スタメンで使うということは問題ないのでしょう。
さっそく活躍に期待です。
そして安田と横山に関しては続報待ちですが、とにかくお大事にといった感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA