奨吾の見事な逆転ホームランと勝利を呼んだフローレス

2021年7月3日
千葉ロッテマリーンズ 5-3 東北楽天ゴールデンイーグルス
@ZOZOマリンスタジアム

やっぱり野球はホームラン

7月緒戦、厳しい戦いでしたが見事な逆転勝ちでした。
まず8回の逆転ホームランを放った奨吾は見事の一言。
決して簡単なボールではなかったと思いますが、うまくバットに乗せてスタンドまで運びました。
1回にも先制タイムリーを打っていましたし、今日は奨吾の日でしたね。
頼りになるキャプテンです。

そして岡にも追撃のホームランが。
こっちは全く期待していませんでしたのでかなり驚きましたが、益田のことを思えば大きな追加点でしたね。
もう見限りかけたところで仕事をする、これだから岡は見捨てられないです。

リードされて嫌な流れでしたがそれを一瞬で変えてくれる、やっぱり野球はホームランですね。

勝利を呼んだフローレスの好投

振り返ってみるとフローレスの投げたイニング以外全部得点圏までランナー進んでいましたので、7回8回を三者凡退で片付けたフローレスの好投が逆転劇を呼んだと思いますね。
フローレスが投げるまではかなり守備の時間が長く見ているこっちもイライラしましたので、守っている野手は尚更でしょう。
野手がリズムよく攻撃に移れるようなフローレスのピッチングがなければ今日の勝利はあり得ません。
今シーズンはヒーローインタビューが1人だけですのでさすがに奨吾には敵いませんでしたが、それに値する今日の活躍だったと思います。

先発の本前はちょっと残念な内容でしたかね。
今日は打たれ過ぎなのはもちろんなのですが、スライダーがストライクゾーンに投げれなかったのが痛かったですね。
低めのボールゾーンには投げていたのですが外国人以外は手を出してくれませんし、スライダーでカウント取れないのでストレート系を狙い撃ちでしたし、5回途中の交代は仕方なかったかと。
まあよく粘っていたとは思いますが、自分で自分の首を絞めた感じは否めません。
それでもストレートには力があったのは評価できますので、吉井コーチがどう思っているかはわかりませんが来週もう一回投げてもいいんじゃないですかね。

良くも悪くも藤原はよく目立つ

1軍昇格即スタメンの藤原、今日は良くも悪くも目立ちましたね。
まず打つ方では2安打でどちらともホームまで還ってきていますのでそこは良かったところかと。
初球からスイングして捉えていましたし、2軍でしっかり準備してきた証拠でしょう。
守ってはダイビングキャッチとか好プレーもありましたが、ヒットを後ろに逸らしてしまう場面もありました。
もちろんファインプレーも素晴らしいですが、後逸など絶対やってはいけないプレーは荻野や和田はしないと思いますし、最終回に守備固めで和田を出されたところは本人も思うところがあるはずです。
そして記録上は盗塁ですが、初回の牽制で飛び出したのは完全に藤原のミス。
ただショートがちゃんと捕っていたとしてもセーフだった可能性がありますので相当な脚力ですね。
まだ藤原も3年目でまだまだ勉強かとは思いますが、基本的なところはそつなくこなしてもらいたいです。
まあたった1試合でここまで色々と目立つのはさすがスター選手だなとは思いますが。

そして同じく昇格組の福田秀平もスタメン出場。
こっちはノーヒットで良いところなしでしたが、さすがに1試合だけではなんとも。
ただ藤原や福田が合流したことによりマーティンをDHで使えたり角中を代打で使えたりと作戦の幅は広がるはずで、そういった観点からも両選手の活躍を期待します。

先制したあとは常にピンチで逆転されそのまま嫌な流れでしたので負けを覚悟しましたが、フローレスの好投が光りましたね。
こういった伏兵が活躍することが上位チームの必要条件ですので、今後に期待です。

そして明日の先発は小島でしたね。
イーグルス打線では島内岡島の左打者の並ぶところがポイントかと思っていますので、そこを注目してみたいです。
とりあえずもう何度目かわからない5割復帰を今日は喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA