手も足もバットも出ないそんな試合

2021年6月30日
千葉ロッテマリーンズ 0-5 オリックスバファローズ
@京セラドーム

若月に好守にやられた

キャッチャーが打つと気分が良くなり守備面にもいい影響が出るなんてことはよく聞きますが今日のバファローズの若月はまさにそれで、攻守ともに完璧にやられました。
まず打たれた4回のスリーランですがあれは完全に鈴木の失投、見逃してはくれませんでしたね。
これが若月の今シーズン初ホームランで、気分が良くならないはずがありません。

個人的に象徴的だったのがその裏の守備でレアードがヒットで出塁した後の安田の打席、カウント2-0になった途端すぐタイムをかけ田嶋のもとに一声かけにいったシーン。
なんてことないシーンに見えますが、マリーンズとしてはフォアボールでも何でもいいからとにかくランナーを貯めたい場面でしたので、ボール先行になったところでタイムを取られて田嶋を落ち着かせたのを見てやられたと思いました。
その後の攻撃はスコアが示す通り、若月の好リードに田嶋がしっかり応え打線は手も足も出ませんでしたね。
まあこればっかりは仕方ないです。

鈴木の評価が悩む

そして打たれた鈴木ですが、評価が悩むというのはこのまま先発起用で良いのかということ。
今日の試合は長いイニングを投げようという気持ちが強いのか、心なしかいつもより腕が振れていない印象で、そこをバファローズ打線に痛打された感じでした。
本来のピッチングスタイル的にも気合を入れてどんどん投げ込んでいくのが彼の良さだと思いますので、長いイニングを投げるや試合を作るのことが評価されるプロ野球の先発起用になんとなく合っていないのではないかと思っています。
もちろん鈴木のポテンシャルを考えればこの先経験を積んでいけば良い先発投手になってくれるかもしれませんが、私は鈴木の一番いいところを出せるのはリリーフ起用なのではないかと考えています。
先発で1勝4敗でQS率も4割程度で結果も出ていませんし、味方の援護にも恵まれませんし、一度リリーフ起用されたときの雰囲気を見る限りは向いていると思うんですがね…。

見逃し三振はやめてくれ

全野球ファン共通だと思いますが、応援しているチームが攻撃時の一番嫌なプレーは見逃し三振ではないでしょうか。
お前が両手に持っているそのバットは何のための道具なんだと問いただしてやりたい気分になりますが、今日はその見逃し三振が5個もあったので応援しているこちらのテンションは最悪です。
特に髙部は2打席連続見逃し三振で、2打席目に至っては一度もバットを振らないという一番やってはいけない内容。
百歩譲ってこれが主力選手ならまだいいですが、レギュラーを手に入れようとチャンスを貰っている若手がする行為ではないです。
正直ちょっと髙部に期待していた自分が情けないです。

今日の試合の良かった点がこれになってしまうのは非常に悲しいですが、挙げるとしたら送りバントをしなかったこと。
そもそもランナーが出ませんでしたが、初回の角中に打たせて併殺打とかはもう全然OKです。
今日のバファローズ打線を見ても、やっぱり打ってつながないと上位には行けませんよ。

昨日の試合の流れそのままに負けたといった感じの試合でしたね。
間違いなく一つ言えることは、今のバファローズは強い。
今日は力の差を見せつけられた感じですがまだまだ先は長いですのでここが踏ん張りどころ。
マリンに帰っての逆襲を期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA