マーティン復活の一発、小島の好投、和田の初タイムリーと良いこと尽くめ

2021年6月27日
千葉ロッテマリーンズ 8-3 北海道日本ハムファイターズ
@静岡草薙球場

素晴らしい攻撃でした

今日の試合は3回表の集中打で勝負あり、そのイニングは素晴らしい攻撃でした。
エラーで出塁したランナーを足掛かりに、バントヒットなどの小技あり、連続タイムリーあり、最後は溜まったランナーをマーティンの久しぶりの1発で全て還すという理想的な展開。
相手のミスに乗じてとはいえ前のカードで全く点が取れなかったチームとは思えませんね。

やはりマーティンにホームランが出てのは大きいです。
実に16試合ぶりのホームランですが、外野は一歩も動けずの打った瞬間の打球でした。
1打席目にヒットが出てホッとした表情が印象的でしたが、やはりマーティンクラスと言えどもヒットが出ていないと不安になるのでしょうね。
まだこの試合だけでは安心できませんが、このホームランをきっかけに立ち直って欲しいものです。

小島が7回をクリア

ハーマンがベンチ外、千隼は3試合連続登板という状態でしたので、小島が7回まで投げてくれたのは非常に大きいです。
今日もストレートに力がありましたし、その分チェンジアップが有効に使えていた印象。
大量リードを貰ってからは長いイニングを投げるモードにシフトしたように見え、ある程度コースは甘くても球数少なく四球は出さないピッチングスタイルと、ファイターズ打線の状態の悪さがマッチして、2点は取られましたが今季最長の7回を無四球100球で投げ切ったのは評価していいと思います。
まあ相手を考えると過大評価は禁物ですが、それでも最後詰めの甘いところを見せてきた小島が7回までしっかり投げたというのは嬉しいですね。
次の試合でどんなピッチングを見せるかが大事ですが、来週の日曜日を期待しましょう。

小島の後を受けた東妻と小野はちょっと評価が難しいです。
東妻に関しては奨吾(藤岡の方が悪い気がしますが)のエラーで併殺取れずは気の毒ですが、近藤に与えた四球が良くない。
あの時点では4点差ですのでランナーを貯めて長打が怖い場面、それなのに近藤相手とは言え勝負を避け気味の四球にみえました。
結果無失点でしたが上位のチーム相手には無駄な四球は命取りになりかねません。

小野は万波に打たれるのはまだいいのですが、その後のR.ロドリゲスは打率や打席内容を考えたら抑えなきゃいけない打者でしょう。
その後は落ち着いて抑えましたが、これではまだ大事な場面任せるまでに信頼回復とはいきませんね。

和田がプロ初タイムリー

9回には和田がプロ初タイムリー。
秋吉相手ですので左打者は打ちやすいとは思いますが、それでもナイスバッティングだったと思います。
1軍では打席数は多くないですがたまに出る2軍の試合では一応打率4割ですし、守備も上手なので髙部の代わりにスタメンで起用しても面白いかと。
盗塁数ランキングでも2位まで来ましたので、盗塁王を目指すうえでもいいかなと思いますが。

今日は投打がしっかり噛み合って快勝、これで借金完済です。
まあ最下位ファイターズ相手なので手放しで喜べませんが、それでもチーム状態が上向くきっかけになればいいかと。
因みにファイターズ戦は6勝1敗1分けと今年のお得意様になってくれています。
来週前半は現在同率首位のバファローズ相手の連戦。
山岡の離脱もマリーンズにとっては追い風ですので、ここも二つ勝ちたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です