4回裏で攻撃終了じゃ勝てません

2021年6月23日
千葉ロッテマリーンズ 1-1 福岡ソフトバンクホークス
@ZOZOマリンスタジアム

あの場面でこそバントでしょ

わたしは基本的にはバントは嫌いです。
得点に繋がる可能性が高くなるとは思いませんし、多くのケースでランナーを進めるメリットよりアウトを一つ与えるデメリットの方が上回っていると考えています。
日曜日のライオンズ戦の奨吾にバントとかは一番嫌いな作戦です。

ただもちろんこの場面ではバントでしょうと思うところはあります。
今日の4回1死12塁で打者柿沼の場面、ここに関してはなぜ打たせたのかと言いたい。
どう考えても最悪なケースは併殺打で、柿沼がタイムリーを打つ可能性と併殺打を打つ可能性を考えたらどう考えても後者が上。
奨吾にバントは大反対ですが、柿沼にバントは大賛成です。

結局5回以降はランナーを一度も出せず、あの併殺打で打線が完全に停止してしまいました。
最後の岩嵜はちょっと打てる気がしませんでしたが、東浜にしろ嘉弥真にしろ板東にしろここまで抑えられる感じではなかったと思います。
振り返ってみると攻撃面では完全に4回がターニングポイントで、そこはベンチの作戦ミスでしょう。

相変わらずの無援護

もはや恒例行事とでもいうのでしょうか、鈴木の登板時には相変わらず無援護です。
そんな中松田にホームランは打たれましたが、結局その1点のみに抑えた鈴木は良く投げていました。
久しぶりの登板でしたがストレートには力がありましたし、変化球もツーシームが特に良かったと思います。
5回に球数が多くなり6回までしか投げれませんでしたが、しっかりと試合は作りましたし、また今度の登板機会も楽しみです。

そして8回の絶体絶命のピンチを千隼は良くしのいでくれたと思います。
1死満塁で3番柳田の時は正直1点で済めばいいかなくらいに考えていましたが、柳田と栗原というホークスの主軸を冷静に対処してくれました。
振り返ってみると四球は1個ありましたがあとは内野安打になったのも打ち取っている打球でしたし、内容的には内野ゴロ5個ですので相変わらずの安定感。
ここで踏ん張ってくれた段階で今日の負けはないなと確信しました。

ハーマンと田村が復帰

今日の試合で良かった点としてはハーマンと田村の復帰でしょう。
7回に登板したハーマンは完璧なピッチングでした。
やはりハーマンだけにかかわらず、ある程度年齢が上がってくると適度な休みが必要なのでしょうね。

田村も2か月振りの復帰。
即スタメンとならなかったあたり状態に関してはベンチはまだ慎重なのでしょうが、それでも久しぶりに感じたキャッチャー田村の安心感。
無理はしないで欲しいのですが、柿沼のスタメンマスクに懐疑的な私ですので田村のスタメン復帰を待ち遠しく思います。

バファローズが11連勝でちょっと首位の背中が遠くなってしまいました。
そうは言ってもすぐにはチーム状況が好転するわけでないので地道にやっていくしかないです。
まずは打線の入れ替えが必要なのではないでしょうか。
特に2番マーティンが機能しなくなったので、スタメンに残しつつでもいいですがそこはいじる必要はあるかと。
今日の生き生きとしたハーマンを見ると思い切って休ませても良いと思いますが。
明日の朗希には援護があるといいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA