粘れなかった二木、冷めてきた上位打線

2021年6月22
千葉ロッテマリーンズ 4-6 福岡ソフトバンクホークス
@ZOZOマリンスタジアム

二木は7回に力尽く

6回終わった段階で7回もいってくれと思ったので、その7回に二木が捕まったことは私は受けれます。
7回は松田、三森に連打を浴びましたがどちらも甘いボールではなかったと思いますし、犠牲フライをリプレー検証の結果覆らなかったですがアウトに見えますので運がなかった。
最後の柳田の一発は余計でしたがあれはインコースを狙い打った柳田の読み勝ちで脱帽です。
繰り返しますが5回6回のピッチングをみると7回も二木でと思うのは当然で、じゃあ6回でマウンドを降りていたらそれはそれで文句が出たと思います。
野球の難しいところですね。

それ以外の失点も犠牲フライ2本であったりエラー絡みであったりと防げた失点かもしれませんが、全体的には二木は悪くはなかったと思います。
初回に関しては初球を三森に打たれたわけですが、投げたボールが甘いのは事実ですが何度か映像観ましたが柿沼の構えるコースがそもそも甘い。
6回から佐藤都と交代しましたがストレート要求時の構える位置が半身分くらい違います。
私はスタメン柿沼に懐疑派ですので、そっちにも目が行ってしまいますね。

安田のエラーのあとの失点も防いであげるのが好投手なのでしょうけど、良い感じで追い込んでいたのに最後が甘くなってしまいました。
今日の失点したイニングどこか1個を0にできるならこの4回のタイムリーですかね。
ホークスにとっても久しぶりでしたので、明日以降の戦いも考えるとホークス打線にタイムリーが出ない嫌なイメージを残しておきたかったです。

6失点で11被安打ですけど7回を8奪三振で無四球だった二木。
6回で交代させていた方がいいとは全く思いませんので、今日の試合どうすればよかったのかまだ自分の中で消化できていません。
もちろん結果が全ての世界ですので打たれた責任はありますが、今日の敗戦の責任を全て二木が負うのもまた違う気がしています。

この打線も限界か

今日の試合チャンスで点が取れなかったことも敗戦の大きな原因。
リーグ戦再開後4試合での上位打線の成績は以下の通り。
荻野 14-2
マーティン 11-1
奨吾 16-5
角中 12-0
レアード 13-1
安田 13-5

ちょっと上位打線の繋がりが欠けていますし、犠牲フライはありますがホームランやタイムリーは奨吾と安田のところでしか出ていません。
今日も下位打線でチャンスを作り上位打線で返すという形は作りましたが、結果が出ませんでした。
まず角中は無安打ですが犠牲フライとかはありますし、打席の感じもそこまで悪くないとは思っています。
どちらかというと深刻なのは両助っ人で、ここのホームランが期待できないと得点能力はガクッと落ちてしまいます。
もう形に拘る状況でもありませんので、打線の入れ替えを検討すべきかと思います。

現状奨吾が一番のポイントゲッターですのでその前にランナーを貯めないといけません。
具体的にはまだまだ未熟ですが、髙部の勢いに乗らない手はないかと。
1番荻野、2番髙部、3番奨吾の足を使える並びにして、マーティンは6番の安田とランナーを還すことだけに集中してもらうために5番にする。
消去法的ですが繋ぎの4番の角中は継続で、レアードは7番くらいでリラックス、藤岡を9番にして上位打線へと繋ぐ。
誰がチャンスを作って誰が還すのかを明確にした方がいいと思います。

今日の試合二木が目立ってしまいますが、私としては敗戦はチーム全体の問題だと考えています。
好守に勝つポイントをことごとく逃したといった感じです。
二木は来週も登板あるはずですのでそこは頼みます。
そして明日は鈴木でしたね、久しぶりに見ますのでまたあの勢いのいいピッチングを見せてください。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA