岩下の好投で今季初の無失点勝利

2021年6月18日
千葉ロッテマリーンズ 5-0 埼玉西武ライオンズ
@メットライフドーム

岩下の成長を感じる

交流戦も終わりリーグ戦再開の一戦。
メンバーの昇格は投手は東妻、野手は髙部と新加入の加藤匠馬が登録されました。
てっきり国吉が登録されるものだと思っていましたが、交流戦でやや酷使されていた影響を気にしてでしょうか。
予想していたハーマンや田村の登録は見送りで、万全の状態じゃないと1軍じゃ使わないとういう意志を感じます。
ブルペンの手薄さは否めませんがこれ以上の離脱者は出さないこの姿勢は長い目で見たら正解なのでしょう。

そんな一戦でしたが、今日は岩下の好投に尽きると思います。
初回先頭打者から11球要するなど試合序盤からかなりライオンズ打線に粘られましたが、簡単に四球は出さず粘り強く投げていました。
去年まで岩下ならあれだけ粘られると四球を許していたと思いますのでここに成長を感じます。
前半はストレート中心で力押し、中盤以降は変化球を中心にスタイルチェンジ、ピッチングにだいぶ幅も出てきましたしね。

中盤以降は味方の好守もあり6回無失点のピッチング。
愛斗をアウトにした中継プレーにしろ4回の髙部のフライにしろ岩下の良いリズムが生み出した好守だと思います。
序盤に球数が増えた影響で6回で交代しましたが、結局101球でまとめましたからそこも高評価。
今の岩下なら自信をもってカードの初戦を任せられますね。

多彩な得点パターン

タイムリーやホームランといったしっかり打ってとった得点もあれば、バントや盗塁といった細かいプレーで相手のミスに付け入ってとった得点もありと多彩な得点パターンを見せてくれました。
まずタイムリー2本の安田は良く打ちましたし、特に2本目の左の佐野から打ったタイムリーは当たり自体は良くなかったですが、「安田のために出した左のワンポイント」からとった得点ですので褒めていいでしょう。
打ったこともそうですが一時期目も当てられなかった安田ですが、左のワンポイントを出してもらえるくらいに復活して嬉しく思います。

そして奨吾の一発も大きかったです。
特に和田の牽制死の後だっただけに相手に流れを渡しませんでした。
和田は奨吾に土下座案件です。(その後の岡はもう知りません)

昇格即スタメンの髙部はバントも決めましたし、ヒットで出て盗塁でかき回すと良さは出たと思います。
これで今季2度目の1軍定着アピールチャンス、このチャンスこそモノにできるでしょうか。

完封リレーで今季初の無失点勝利

今日の試合勝っている場面での7回が鬼門だと思いましたが、やはりそこは苦労しました。
小野が投げたわけですがヒットと四球でピンチを作り生きた心地がしませんでした。
スパンジェンバーグとメヒアは空振り三振切り抜けましたが、2死からの愛斗の打球は左中間の大飛球。
メットライフドームのあの辺のフライは何時ぞやの落球事件がありますので一瞬それがよぎりましたがさすがに大丈夫でしたね(笑)。

8回の千隼もピンチは作りましたが山川を併殺に打ち取ってこちらも無失点。
四球絡みでのピンチでしたがコースに行っていましたし、まあたまにはこんなこともあるくらいでいいでしょう。

そして9回は今季初登板の東妻。
これはいい意味で裏切られました。
150キロ近いストレートはちょっとシュート気味に右打者のインコースに切り込んでいき、あれは相当打ちづらいと思います(意図してやっているかはわかりませんが)。
スライダーやフォークも決め球に使えていましたし、今日のパフォーマンスは十分合格点で、もしかしたらブルペンの救世主は東妻かもと思わせてくれました。

今日は4投手で完封リレー。
意外にもこれが今季初の無失点での勝利、まさに投打がかみ合ったナイスゲームでしょう。
今後もこんなゲームが続くことを期待しつつ、明日の中村稔弥がしっかりゲームをつくることを祈ります。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA