飛び立て翔平!中日へ

連日のトレード成立、M加藤翔平↔D加藤匠馬

加藤選手と中日・加藤匠馬選手の交換トレードについて|千葉ロッテマリーンズ (marines.co.jp)

昨日のトレードは想定外でしたが、このトレードはどちらかというと想定内のトレードですかね。
マリーンズの加藤翔平とドラゴンズの加藤匠馬のとれーどが成立しました。
報道によりますとマリーンズ側から打診していたトレードのようで、今日ドラゴンズ側から承諾の連絡が来たようです。
捕手陣の離脱が相次ぎ選手層の薄さが目立ったマリーンズ、外野手が大島以外固定できていないドラゴンズ、双方にメリットのあるトレードと言えそうです。

まずマリーンズを去ることになった加藤翔平。
身体能力の高さは誰しもが認めるところで、一流選手になれる素質は持っているとは思いますが、結局その才能をマリーンズでは開花できませんでした。
良いときの加藤は素晴らしい選手なのですが、成績にムラがあり一度状態が悪くなるとさっぱりダメ。
昨年くらいからは2軍暮らしが長くなり、2軍では圧倒的な成績を残していましたがなかなか上には呼ばれず。
加藤からしてみたら昨年のイースタン首位打者のタイトルももはや不名誉でしょう。

個人的には加藤のトレードは肯定的で、機会があったら必要とする球団に出してあげたらと思ってはいました。
今季は交流戦くらいから1軍に呼ばれちょくちょく試合には出て活躍していましたが、藤原をはじめ有力な若手もおり飽和気味なマリーンズ外野陣ですので長い目で見たらこのトレードは加藤本人にとってもプラスだと思います。
センターを守れる外野手、俊足、スイッチヒッターで両打席でホームランが打てると環境が変われば化ける可能性は十分秘めています。
かつての恩師伊東前監督がいるドラゴンズというのもいいことだと考えます。

でもいくら肯定的だとは言え実際にいなくなると名残惜しいものですし、このコロナ渦で応援歌が演奏できず野手が退団するともう聞けない応援歌がでてくるのかとしみじみ思います。
飛び立て翔平!中日へ、新天地での活躍を祈ります。

加藤バズーカは救世主になるか

そして今シーズンのマリーンズの弱点であった捕手陣を補強すべく、ドラゴンズの加藤匠馬を獲得しました。

マリーンズのキャッチャー問題を考える マリーンズのキャッチャー問題を考える

以前マリーンズの捕手陣について考えた記事を投稿し、キャッチャーのトレードでの獲得は全然ありで、あるとしたら交流戦が終わったタイミングと書きましたがその通りになりました。
ただそこで加藤匠馬の名前を出せなかったので全然威張れませんが。

お恥ずかしい話なのですが加藤匠馬についてはほとんどわかりません。
パッと調べる限りですと加藤バズーカと呼ばれるほどの強肩の持ち主のようで、盗塁阻止率の悪いマリーンズにとっては嬉しい話。
リード面での評価はどうかはわかりませんし打撃は課題なようですが、それでも今の捕手陣に厚みを加えてくれることには間違いないです。

今日の公示で江村が抹消されていました。
この江村の抹消で1軍に上がるのは田村だとは思いますが、加藤匠馬もプレーできる状態ではありますので近いうちに1軍に合流するはずです。
おそらく田村加藤柿沼が1軍、佐藤は2軍で修業ですかね。

リーグ戦再開からの挽回へ積極的に動いているマリーンズ。
この姿勢は評価しますし、きっと成果が出るはずです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA