G菅野相手に勝ったということを噛みしめて、交流戦終了

2021年6月13日
千葉ロッテマリーンズ 5-4 読売ジャイアンツ
@ZOZOマリンスタジアム

今日の小島は合格でいいんじゃない?

7回を投げ切れなかったのは反省点かもしれませんが、今日の小島には合格点を与えていいと思っています。
ここ最近手応えを感じているというストレートは今日も力があり、右打者を並べてきたジャイアンツ打線にはチェンジアップが非常に有効でした。
四死球がちょっと多かったのは気になりますが、それでも6回まではピンチになっても最後の一本を許さなかったのは褒めたいです。
まあ金曜日に好投した本前然り、ジャイアンツ打線が初物左腕に弱いというのは本当なのかもしれませんね。

7回続投がちょっと問題視されていますが、個人的には続投はありだと思います。
唐川が使いえない状況ですので8回千隼、9回益田は確定で、7回を誰にするかと聞かれたらまあ小野ですかね。
単純に今日の小島と小野を比べたとき、100球を超えていたとはいえ今日の小島を続投させた方がリスクが少ないという判断には同意です。
もちろん結局小野を使って4点取られたのは反省点ですが、別に小野を回の頭から行かせていたって同じ結果だったかもしれませんし。
そして満塁の場面で行けと言われた小野は可哀想で同情はしますが、ストライクが入らないと話になりません。
マーティンの肩に助けられましたが、マウンドからの小野よりもライトからのマーティンの方がコントロールがいいとか言いたくなっちゃいますよ。

とにかく今日の小島は十分役割を果たしたと思います。
今日はジャイアンツの菅野に投げ勝ったという事実を噛みしめて、ガタガタになってきた先発ローテの柱に今度こそなってもらいたいものです。

千隼!!益田!!

余裕のある展開になるのかなと思いきや、終盤は1点を争う展開に。
唐川の代役に今日は8回を任された千隼ですが、最後の見逃し三振はしびれましたね。
あのコースあの高さにあの強いストレートを投げ込まれたら打者はお手上げです。
敗戦処理から始まった2021年シーズンですが今やもう立派なセットアッパーですね。

益田もマーティンの好守に助けられましたが無事に試合を締めてくれました。
先頭のウィーラーとの対決は力が入りましたし、千隼同様に見逃し三振にとった最後のボールは痺れました。
岡本は歩かせましたが昨日さんざん打たれており、普段戦わないセリーグの相手で今日の対戦が最後ですので多少嫌なイメージを残したままでも大丈夫。
それよりも1発を絶対に許さないという益田の意思が感じられますのであれでOKです。
シンカーがイマイチだったのは多少気掛かりですが。

唐川も離脱の可能性がありこの2人にかかる期待はさらに大きくなりますが、今日のようなピッチングを続けていれば大丈夫です。
金曜日からもまた頼みます。

菅野をKO

打線は初回から菅野を攻略、3回でKOしました。
まあ今日は制球が全然定まっていませんでしたし、そこまで迫力は感じませんでした。
菅野キラーの角中の活躍や、乗りに乗っている男レアードがホームラン1本と犠牲フライ2本で効率よく得点が取れました。
なんだかんだ今の打順は繋がりが出てますので、この打線こそ今のマリーンズにとってベストの打線なんですかね。

致命傷にはなりませんでしたが、7回裏の柿沼の走塁ミスは何ですかあれ。
まだ足の速い選手なら絶対ワンヒットで帰ってこようと飛び出すのもわかりますが、柿沼ですし。
あそこで1点取れていたら千隼と益田の負担がだいぶ違うはずなのに、わざわざ一つアウトを献上するプレーで理解不能です。

マーティンはちょっと足を気にるる素振りがありましたが大丈夫ですかね。
ちょっとホームランが止まっていますが必要な戦力であることには変わりありませんので何事もないといいのですが。
あと個人的にはセーフティバントはしなくていいと思います。
もちろん成功させたマーティンはさすがですが、チームが彼に求めていることは違うはずです。

さあこれで交流戦終了。
苦しいかと思いましたがよく菅野相手に勝ってくれました。
今年の交流戦は怪我人が多く、8勝9敗1分けと負け越しで貯金は今や0。
例年以上にセリーグのチームは強かったですし、これなら日本シリーズの連敗も止まるかもしれませんね。

そして交流戦明けはライオンズとのゲーム。
前回よりも戦力はも戻ってきていそうですし、平良も今日開幕から32試合連続点の記録を作りましたし、手こずることは必至でしょう。
ただもう首位と離されるわけにはいきませんので、良い調整をして金曜日に挑んでください。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です