本来の姿を取り戻したマリーンズ打線が奥川を撃破

2021年6月8日
千葉ロッテマリーンズ 7-4 東京ヤクルトスワローズ
@ZOZOマリンスタジアム

スワローズ奥川に先発全員安打で攻め立てる

先週ちょっと問題視した2番鳥谷。

戦力として考えているからこそ思う、2番鳥谷構想が悪い 戦力として考えているからこそ思う、2番鳥谷構想が悪い

さすがに井口監督も反省したのか今日は荻野マーティン奨吾の上位打線に戻し角中を今季初めて4番起用、そして7番サードで安田をスタメンに戻しました。
これだけが原因ではありませんが今日のマリーンズ打線は先週までとは別チームの様な攻撃で、井口監督はどんな気持ちでグラウンドを見つめていたのでしょうか。

スワローズの先発の奥川に対し5回の段階で先発全員安打、奨吾とレアードのホームランを含む12安打6得点と貫禄を見せました。
真っ向勝負を挑んできた奥川には敬意を表したいですが、「本来の姿」になったマリーンズ打線がそれを完全に上回りましたね。
ただ同学年の佐々木朗希同様に奥川も今後素晴らしい投手になるポテンシャルは感じますし、違うリーグということで今後の成長を楽しみにしたい投手です。

そして鳥谷の代わりにスタメン起用した安田が3安打、守備ではファインプレーも見せてくれました。
内容的には3本目のタイムリーは良かったかなと思いますが、ストレートに差し込まれる場面も多くありさすがにまだ完全に復調とは言えないです。
それでも「復調のきっかけ」には十分な内容で、明日以降も期待して見守りたいです。

二木よこれは最低限だぞ

二木は初回に3点を失ってどうなることかと思いましたが、その後は粘り強く投げ6回まで追加点を与えませんでした。
内容自体は決して褒められたものではありませんが、自身4試合ぶりにQSを達成したこと、奥川より先にマウンドを降りなかったこと、そして何より勝っている状態でリリーフ陣にマウンドを託したことは最低限の仕事を果たしたと言っていいでしょう。
今日見て思ったのはやはり二木の生命線はストレート。
これが低めに決まらないとストレートを狙い打たれますし、フォークも振ってくれません。
中盤以降は低めにストレートが決まりだしましたので、これができれば今後も勝っていけるでしょう。
先発投手が苦しい今、今後も二木にかかる期待は大きいです。

2番手の千隼は今日がHappy birthday。
安田と奨吾の好守で祝われて素晴らしい誕生日だったと思います。
今シーズンの活躍は頼もしい限りでこのまま素晴らしい1年にしてもらいたいです。
おめでとう千隼。

最後は益田が締めてゲームセット。
ピンチは作りましたが慌てず動じずのピッチングでやはりそこは百戦錬磨の益田です。
先週はサヨナラ負けもありましたが、改めて抑え益田以外の選択肢はありませんね。

暴走と好走は紙一重だけど…

最後に今日は走塁死が2個ありました。
1個目の荻野の方は相手の緩慢なプレーの隙を突いてなので発想は悪くないと思います。
ただリードしている状況で相手投手が経験の浅い奥川、次は3番の奨吾なのであそこはじっくり攻める方が正解だったでしょう。
2個目の安田の方はもちろん安田も悪いとは思いますが、一番は3塁コーチの大塚コーチが悪いと思います。
あのレフト前の当たりで2塁走者は菅野ですので普通はすぐにストップをかけないといけない打球でしたが、大塚コーチは腕をグルグルと回し続け菅野が自分の判断でストップしたようにも見えます。
仮に菅野がホームに突入するのであれば絶対クロスプレーになるタイミングでしたので、腕を回しているのが見えたら安田は3塁を狙うのは当然の判断でしょう。
暴走と好走は紙一重、どちらも次の塁を狙うという姿勢から生まれた暴走ですのでそこまで責めることはないとは思いますが、もったいなかったのは事実なので要反省です。

何はともあれ交流戦最後のマリン6連戦の初戦が取れました。
振り返ると2回表の塩見の打球がエンタイトルツーベースになったのが大きかったですかね。
あそこで1点取られていたら二木も試合もどうなっていたかわかりません。
まあ試合全体で見ればナイスゲームと言える内容で、これを継続あるのみです。
明日の岩下、明後日の朗希といい投手が投げるこのカード、全部取りたいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA