秋山に脱帽、今日はその一言で片付けよう

阪神タイガース 3-2 千葉ロッテマリーンズ
@甲子園

秋山に完璧に抑えられた

「秋山が良すぎた」、これが敗因と言っていいのかわかりませんが、今日の敗因はこれ以外思いつきません。
7回までは四死球0でヒットは1本のみ、それもお見合いでのポテンヒットなので実質パーフェクトみたいなものです。
ストレートはコーナーをしっかり投げ分け、急速差のあるカーブでカウントを取り、そしてストライクからボールになる決め球のフォークは冴えわたりと敵ながらあっぱれといった投球でした。
昨日投げた二木もこの試合を見ていたはずで、何かヒントを得てこのようなピッチングをしてもらいたいものです。
8回にはさすがに一矢報いましたが1点返すのが精一杯、脱帽です。
私自身今のマリーンズ打線にそれなりの手応えを感じていたので、今の打線で打てないなら仕方ないと思います。

岩下は5回3失点。
もちろん先制点の場面の先頭打者四球は良くないですが、それを含めていつも通りかなといった印象。
試合展開と打順の兼ね合いで5回で代打を送られましたがそれがなければ6回も投げたでしょうし、別にそこまで打たれた印象もありません。
逆にここぞというところのタイガース打線の集中力はさすがで、これがセリーグを独走している理由なのでしょうね。

良かったことももちろんある

負けは負けに変わりないのですが、「良い負け」と「悪い負け」があるとしたら今日は「良い負け」だと思います。
まずは9回簡単に終わらなかったこと。
数字だけ見るとまさに難攻不落のタイガースの抑えのスアレスからマーティンと奨吾の連打で1点取ったのは評価できます。
一打同点の場面も作りましたがさすがにそれは実現せず、ただスアレス相手に最後もしかしたらという場面を作ったということは昨日の岩崎攻略とともに明日の試合に生きてくるはずです。

そしてリリーフ陣のテストができたこと。
2番手で横山にプロ初登板のチャンスが巡ってきました。
高卒2年目で高校時代は甲子園に手の届かなかったに横山に甲子園でデビューとは吉井コーチも粋なことしますね。
内容はツーベース1本打たれましたが無失点に、ストレートはほぼ真ん中でしたが150キロに迫るボールでしたしタイガース打線の中軸が打てないのですから相当威力があるのでしょう。
ピンチでも動じませんでしたので高評価です。
右のサイドスロー課題である左打者への対応とか変化球の制球とか今日だけではまだ判断できないこともありますが、それでも次の機会も見たくなるそんな初登板でした。

そして小野は回跨ぎで2回を投げました。
吉井コーチの方針もありなかなか回跨ぎをする場面は少ないですが、それをテストできたのは収穫です。
内容は四球は2個、特に投手の秋山相手に四球を出したりしてましたが、あれは秋山の投球リズムを崩すためにわざと四球で出塁させた高等戦術ということにしましょう。
奨吾のファインプレーや相手の走塁ミスに助けられの2回無失点で、勝ちパターン復活への道はまだ遠いですかね。

明日は明日の風が吹く

繰り返しますが今日は相手の秋山が素晴らしかったです。
賛否両論あるかもしれませんが、相手あってのことなので私としては今日は打てなかったのを打者陣を責める気はありません。
先発の岩下含めマリーンズ側としてはいつも通り戦ったと思いますし、リリーフは2人しか使わず最後は追い詰めたのも悪くなく、良い負け方だったと思います。

さあ明日は佐々木朗希の2試合目。
高校時代は届かなかった甲子園のマウンドでどのようなピッチングをしてくれるか楽しみです。
唯一心配なのは天気、良い条件で試合ができるといいのですけどね。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA