早稲田の同窓会は敗れる

千葉ロッテマリーンズ 5-6 東北楽天ゴールデンイーグルス
@ZOZOマリンスタジアム

いつもよりは良いかと思ったけど、結局いつも通り

今季初の現地観戦行ってきました。
天気も良くむしろ暑いくらいで絶好の観戦日和になりました。

今日は小島と早川の早稲田の先輩後輩対決で、スタメンには奨吾と茂木が名を連ね、ベンチには鳥谷大先輩がいるという早稲田色が強い試合でした。
相手は4球団競合のドラ1とは言え先輩の意地を見せてもらいたかった小島ですが、立ち上がりの四球は相変わらずで2回は下位打線相手に先制点に繋がってしまいました。
ただ全ての回の先頭打者をしっかり抑えたことは評価でき、特に3回4回のピッチングは観ていて安心感がありましたし、5回までではいつもよりはマシかなと思っていました。
なので不運な内野安打が契機とは言え6回に連打を浴びて粘れなかったのは残念で、あそこでズルズルいってしまうと結局いつもの小島です。
早稲田の先輩茂木に打たれ逆転され後輩の早川より先にマウンドを降りと先輩の面子は丸つぶれですが、結果がすべての世界ですので仕方ありません。

そしてリリーフした小野がディクソンにスリーランを浴びてしまいましたが完全にこれが余計。
見下しているわけではありませんが今日のイーグルス打線で一番打ち取りやすそうな打者だったのに、そりゃストレートしか狙ってなさそうな外国人打者相手に直球勝負にいったら打たれますって。
ベンチの投手起用も田中靖がいなくて難しいのはわかりますが、小野はイニングの最初から投げてこその投手だと思いますし、打者との相性を考えてもあそこは千隼だったと思います。

今日の敗戦、本当にあのイニングだけがもったいなかったです。

打線は4番を除いてよし

今やリーグ屈指の左腕と呼んで差し支えない早川相手に四球を足掛かりに同点に追いついた3回の攻撃は良かったですし、マリンの風に慣れていないディクソンに助けられた面もありますがレアード角中の連続2塁打で勝ち越せたのも大きかったです。

そしてマーティンの照明の下に当たる特大のホームランには驚きました。
あそこまで飛ぶホームランを現地で観たのは初めてです。
敗れはしましたが概ね打線はいい感じだと思います。

ただ安田だけがどうしようもありません。
初回はチャンスで初球を打って併殺打、エンドランのサインではないでしょうから奨吾がスタート切っているのが見えなかったんですかね。
続く打席も凡打で今日も3打席で下がってしまいました。
試合後井口監督は打順変更も示唆していましたがレアードも調子がいいだけにそろそろですかね。
個人的にはまだまだ我慢したいですけど、監督が我慢の限界なのも十分わかります。

どうする投手起用

パリーグ防御率最下位のマリーンズ、吉井コーチも頭が痛いでしょう。
まず今季初登板だった大嶺はまずまずといった印象でビハインドの場面を中心に目途が立ちそうです。
そして鈴木はやっぱりいいですね、今日この展開でも投げたということは1週間後の先発を見越してだと思います。
小島は今のまま1軍で投げ続けても何も変わりませんので、去年の二木のようになるのを願って2軍で再調整したほうがいいです。
もしくは一昨年の石川のようにリリーフで起用してみるとか、とにかく何か変えてあげた方がいいです。

交流戦前最後の試合勝ちたかったのですが今日はイーグルスの早稲田にやられました。
来週からの交流戦、いきなりセリーグ首位のタイガースが相手です。
完全に鍵は投手陣でセリーグ首位の打線をどう抑えるかが焦点ですし、特に3戦目は佐々木朗希の登板が予想されますので期待しましょう。
週末のカープ戦は今日も陽性者が出ていましたしまた延期ですかね。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA