美馬は田中と肩を並べられる投手に

千葉ロッテマリーンズ 3-1 東北楽天ゴールデンイーグルス
@ZOZOマリンスタジアム

緊迫の投手戦に

2013年のプロ野球は田中将大のシーズンで、日本シリーズのMVPに輝いたのは美馬でしたが正直田中の陰に隠れていたと言わざるを得ません。
それから時は経ち田中はメジャー挑戦からのイーグルス復帰、そして美馬はマリーンズの一員になり今日は元同僚対決になりました。
今日のピッチングを見る限り、8年前は田中の陰に隠れていた美馬は今や田中と肩を並べる投手になったと思います。
美馬は初回から気合が入っているように見えましたし、どのボールでもストライクを取ることができ決め球のフォークも冴えわたりとほぼ完璧と言っていいピッチングでしょう。
失点した6回はエチェバリアのフィルダースチョイスもありましたがあれはいいチャレンジだったと思いますし責められません。
それでもあのピンチを浅村の犠牲フライだけに抑えたのはさすがですし、もう1イニング投げてくれてベンチは助かったはず。
勝ち投手にはなれませんでしたが今日のピッチングは非常に価値あるものだったと思っています。

重苦しい雰囲気を吹き飛ばすキャプテンの一打

梅雨空、大敗の翌日、そして緊迫の投手戦と8回裏はちょっと重苦しい雰囲気でしたがキャプテンの一打で試合を決めてくれました。
ホームランは開幕カード以来と久しく出ていませんでしたが、この試合の一番欲しいタイミングで打ってくれました。
今日は先制タイムリーも放ち2試合連続の猛打賞、打率も.316まで上がってきました。
レアードが最近打線では目立っていますがこの奨吾も負けてはおらず、頼れるキャプテンになってきたなと思います。

もちろんその後ダメ押しのホームランを放ったレアードは素晴らしいの一言です。
5月に入って7本目で気付けばもう10号、ホームランランキング3位まで上がってきました。
まさに絶好調で喜ばしい限りなのですが、ムラの多い選手なのでさすがにいつか調子が落ちてくるはずで、そこまでは暴れまくってもらいたいものです。

エチェバリアがいい動き

昨日の試合とは違い今日は両チームともミスが少なく締まった試合になりました。
その中でも今日スタメンで出場したエチェバリアは守備でいい動きをしていました。
前述の通り6回表のフィルダースチョイスはわたしはナイスチャレンジだと思いますし、現状の藤岡にはないプレーです。
それ以外の守備機会はいいプレーでしたし、守備でMLBの世界を渡り歩いてきた選手の本領発揮でしょうか。
あとは打撃ですが今日も1本出ましたしアウトになった打席もそこまで感じは悪くないと思っています。
引き続き期待してみていきたいです。

先制のチャンスの場面では凡退してしまいましたが、安田は久しぶりのクリーンヒットが出ました。
6回で代走を送られていましたがおそらく故障とかではなく、ヒットのいい感触で今日の試合を終わらせてあげたいというベンチの考えなのではないでしょうか。
2打席目とかもまあそこまで悪くなかったですし、トンネルを抜けてくれるといいのですが。

ブルペンの役割に変化か

昨日失点した河村と土居は揃って抹消、代わりに横山と大嶺が上がってきました。
まず河村と土居は最近ピリッとしていませんでしたし、ルーキーと3年目だけど1軍帯同は初の2人ですからこの時期になると相手からも研究され苦しくねってくるのでしょう。
いい機会のですので自分を見つめなおしまた1軍に上がってきて欲しいです。

横山はとりあえずビハインドの場面から一つ一つ信頼を積み上げていけばいいでしょう。
大嶺は千隼の代わりにロング要員、千隼は田中靖の代わりに何でも屋といった起用になるのでしょう。
これはこれで現状ベストだと思います。
ちなみに2軍で好調の石崎は投手の加藤枠と言いますかよっぽどのことがないと1軍に呼ばれないと思います。
やっぱり1軍でのやらかしのイメージの方が強いですからね。

明日は小島と早川の早稲田対決。
小島はとにかく立ち上がり、120%の力で入ってもらいたいです。
久しぶりの現地参戦予定なので楽しみにしています。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA