今季ワーストの試合であることを切に願う

千葉ロッテマリーンズ 6-13 東北楽天ゴールデンイーグルス
@ZOZOマリンスタジアム

振り返るのも嫌な試合

雨と強風吹き荒れる悪天候、ダラダラと長い試合、そしてこの試合内容、某在阪球団なら金を返せとヤジが飛んできそうな試合でした。
正直振り返るほどの価値もない試合だと思いますのですが、今後のためにもポイントだけを簡単に。
やはり敗因は守備のミス、それもエラーにならないミスが痛かったと思います。
まずは5回の石川とレアードの送りバントのお見合い。
普通ならファーストのレアードが処理する打球でしたが、セカンドがベースカバーに入るのになぜかファーストに戻ってしまいました。
ファーストが本職ではないとはいえ元から内野手であるレアードですから、あのバント処理はファーストが行わなければならないことは教えられなくても知っていないといけません。
まらファースト守備の経験の浅いレアードであったので、初めから追う素振りがなかった石川も反省です。
たらればですがあれがなかったなら浅村島内に回っていない可能性がありましたので、大きなミスでした。

そして7回の藤岡の併殺が取れなかったのも痛かったです。
結局タイムリー2本がその後出てしまい、もしそれがなかったらこんなゲームにならなかったでしょう。
もちろん河村も味方のミスをカバーしたいところですが、ルーキーにそこまで求めるのは酷でしょう。

8回の悪送球2つはもちろん言語道断ですが、エラーにならない守備のミスが試合の流れを決めてしまったと思います。
特に藤岡はレギュラー争いの最中のこのプレーで非常に残念です。
ホームのマリンですのでグランドコンディションは言い訳にはなりません。

佐藤は次に活かせばいい

あともう一点は佐藤のリードについて。
石川は5回6失点と試合を作れなかったのですが、今日は佐藤のリードが悪かったですかね。
3回までに7奪三振で降板後のコメントにもあるように今日は調子は良かったと思います。
ただ石川のボールが良すぎるため、それに頼りすぎ1~2巡目をアウトコース中心のリードをしてしまった印象です。
5回の3巡目に捕まったわけですが浅村や島内に打たれたのはアウトコースのボールで、それまでインコースに投げてこなかったのでピンチの場面でインコースを要求しづらくなってしまったように見えました。
制球力のある石川ですので前半にもっとインコースを使っていればまた違った結果になっていたかもしれません。
田村柿沼が離脱で佐藤にかかる期待は大きく、全く佐藤を責めるつもりはありません。
今日の試合をコーチ陣と振り返って反省し明日の試合に活かしてもらえたらそれでいいです。

長いシーズン全勝できるはずもありませんし、今日の大差で敗れた1敗も接戦を落とした1敗も価値は同じです。
今日の負けから何を得るか、反省するところだけしっかり反省しまた明日に挑んでもらいたいものです。
そして今日の試合が今季ワーストの試合であることを切に願います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です