やってもできないこともある

千葉ロッテマリーンズ 0-3 埼玉西武ライオンズ
@ZOZOマリンスタジアム

松本に手も足も出ず

ティモンディの高岸さんがよく口にする「やればできる」、何事も挑戦することは大事だし、挑戦する前から諦めてはいけないし、どんな時何歳になってからも挑戦することはできるなど、短くシンプルな言葉ですが多くの意味を含んでいると思っています。
個人的にはこの言葉すごい好きで彼の性格と相まって非常にポジティブな気持ちにさせてくれます。
そんな高岸さんが始球式を務めたこの試合ですが、皮肉なことにできないことの一つや二つはすぐ出てくるものですね。

今日マリーンズができなかったことは何と言っても得点を取れなかったこと。
ライオンズ先発の松本に8回2安打無失点に抑えられ、チャンスらしいチャンスも7回裏くらいで手も足も出ずといった感じです。
何が良かったかと聞かれると答えづらいですが、少なくとも各打者ストレートに手を焼いているように見えました。
今のマリーンズ打線の状態と序盤で結構球数を投げさせていたので2巡目から捉え始めるかなと高を括っていましたが、中盤以降も全く崩れる気配がなくズルズルと8回まで抑え込まれて得点できず。
若干球審のストライクゾーン広くないかなとケチを付けたい気持ちもありましたが、その気持ちも失せるほどの快投で白旗ものです。
各打者やればできると思って打席に入ったかは定かではありませんが、今日の松本攻略はやってもできないことだったんでしょう。

8回続投は投手のプライド

マリーンズの先発美馬は調子自体はそこまで良くなかったと思います。
初回から四球を出していましたし、個人的な見立てでは良いときの美馬はゴロアウトが多いのですが今日はそこまで多くなかったですし。
ただヒットは結構打たれていましたが要所を締めて7回まで無失点に、今日は柿沼が2個盗塁を防いだりと守備陣もよく美馬を助けていたと思います。

結果論ですが美馬は7回で降板でよかったですかね。
確かに球数的にはまだ投げられたかもしれませんが100球は超えていましたし、昨日勝ちパターンは登板していないわけで今日投げても連投で済みます。
ただ0-0で進行した投手戦で相手よりも先にマウンドを降りるということは美馬も吉井コーチもプライドが許さなかったのでしょう。
8回に結局失点してしまい敗戦投手になってしまいましたが、今日の投球は評価できるピッチングで来週こそ援護してあげてください。

事故みたいなもんだと思って

今日は松本の好投にやられたわけですが、毎試合こんないいピッチングができる投手はいませんし、言葉は悪いかもしれませんがたまたまの事故みたいなものと割り切って考えたいです。
長いシーズンですのでこんなこともあります。
大事なのは切り替えで明日も引きずらないこと、そして次松本と対戦した時打てばいいのです。

さあ明日はいよいよ佐々木朗希のデビュー戦。
この日が来るのを待ちわびていましたが、いざ目の前にするとちょっと怖いような気もします。
落ち着いて投げてくれればそう簡単に打たれる投手ではないと思っていますので、基本的には非常に楽しみなんですけどね。
球場には足を運べませんが画面の前で偉大なる投手への第一歩を見届けたいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA