幕張スシが土壇場で開店

千葉ロッテマリーンズ 4-4 埼玉西武ライオンズ
@ZOZOマリンスタジアム

完璧な一発で引き分けに持ち込む

試合時間3時間19分の内3時間近くはリードされている試合でしたので、勝ちはできませんでしたがこの試合も負けなかったことは非常に価値ある引き分けと言えるでしょう。
得点は安田の2点本塁打のみで高橋光成を打てそうで打てなかったマリーンズ打線。
2点差で迎えた土壇場の9回裏にレアードの2点本塁打で追いついたわけなのですが、やはりレアードのここ一番での集中力はすさまじく、あの乾いた打球音には画面越しですが鳥肌が立ちました。
ここ3試合で4本目と量産体制に入ってきており、レアードを6番に置ける打線は相手にとっては脅威でしょう。
その前の角中の2塁打も1塁ベースに当たっての幸運なヒットでしたし運も味方してくれました。

そのあともう一度サヨナラのチャンスを作りましたが結局得点はできず。
ただ代打鳥谷のヒットは打球が良すぎてランナーが帰ってこれなかっただけですし、最後はマリーンズ打線で一番頼りになるマーティンまで回したのでマーティンで打てなかった悔いはありません。
今日は試合全体でもそこまでケチをつけるところがなく、勝てませんでしたがナイスゲームだと思います。

石川は悪くはないピッチング、たまたまちょっと打たれ過ぎただけ

石川は6回4失点と結果は悪かったですが、本人のコメントにあるように調子は良かったと思います。
ヒット9本打たれましたが失投という失投は山川に打たれたボールのみで、源田のホームランにせよ中村のタイムリーにせよ打った相手を褒めるべきだと思います。
四球を出すくらいならヒットを打たれた方がいいというチーム方針に沿っての結果ですし、たまたまちょっと打たれ過ぎただけと考えましょう。
それよりも満塁のピンチで森相手に3-0のカウントから立て直し三振を奪うあたりはさすが石川だと思いましたし、毎回安定したピッチングをしてくれて頼りになる先発投手です。

それと4回のピンチは安田の好守もチームを救いました。
前進守備での強い打球をよく止めましたし、その後のプレーも落ち着いていました。
あそこでもう1点取られていたら9回裏の攻撃はないわけですし、その裏の自身の2点本塁打にも繋がったと思いますし、振り返ってみると今日の試合を左右するビッグプレーでしたね。

エチェバリアはまだまだ我慢

今日はスタメンでしたが2本の併殺打とサヨナラの場面では三振で打っては良いところなしのエチェバリアでしたが、併殺打にしてもそこそこ捉えた打球でしたし個人的には打撃の感じはそこまで悪くないと思っています。
まだ4試合目のスタメンで18打席しか立っていませんし、守備ではだいぶいいプレーが見られるようになりましたので、今日の試合の結果だけで藤岡の方が優れているとはならないと思います。
オープン戦にも参加できていませんし少なくとも100打席くらいは様子を見たいところで、それを許せるだけの打線の状態だと判断しています。

石川の時のスタメンマスクは佐藤ですが、今のキャッチャー陣で一番安心できるのはこの佐藤ではないでしょうか。
制球力の高い石川という影響もあるでしょうが攻める時は強気に、冷静に抜くときもあるというメリハリの利いたリードだと思います。
エチェバリアの助けもあったとはいえ若林の盗塁も防ぎましたしね。
現状打撃がさっぱりで石川専用になっていますが、佐藤のリードは納得できますし育成も兼ねてもっとスタメンを増やしてもらいたいものです。

一昨日に続いて今日の一戦も価値ある引き分け。
代役とは言え2試合連続相手の抑えから点を取っての引き分けは誇っていいと思います。
反対に簡単に代役が務まるポジションじゃないから益田にはもっと優しくなろうと感じました。

日曜日の佐々木朗希を楽にするために明日はなんとしても勝ちたいところ。
美馬のことですのでデビューへのいい花道を作ってくれることでしょう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!

2 COMMENTS

ヤマ

土壇場でのレアード選手の同点弾、すごかったですね!
サヨナラこそ逃したものの、ナイスゲームではなかったでしょうか。
明日の佐々木朗希投手、楽しみですね!

返信する
chikuma

流れはサヨナラだったので残念なのは残念ですが、まあそこまで欲深くならないようにしたいと思います。
佐々木朗希はマリーンズ、そして日本球界の未来だと思いますので期待しています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA