見事な先制攻撃で福岡での連敗ストップ

福岡ソフトバンクホークス 1−4 千葉ロッテマリーンズ
@PayPayドーム

流れを渡さない攻撃が決まる

今日の試合は非常にいい流れで攻撃陣が得点をとれました。
1回は1番の荻野が出て4番の安田が返すという今年のマリーンズの基本とも呼べるような攻撃でしたし、2回はレア-ドのホームランという大技もあれば四球のランナーを送りバントで進めてタイムリーで返す小技もありと、多彩な攻め方で武田を落ち着かせませんでした。
もちろんレア-ドの2本目のホームランも大きな得点だったのは言うまでもありません。

振り返ると試合全体ではヒット7本と数字上はよく打ったというわけではありませんが、試合前半は要所要所で1本が出ておりいい攻撃ができたと思います
見事な先制攻撃でした。
欲を言えば後半もう少し得点をとりたかったですが、それはまた次の課題ということで。

二木にあえての喝!

6回2安打1失点、先発投手としての役割は果たした二木。
ただ厳しいことを言うようですが今日は最低7回まで投げなきゃいけない試合だったと思います。
1回2回と先頭打者の出塁を許しましたが後続を押さえて無得点に押さえると、味方の援護を貰って調子が出てきた後の345回は素晴らしい投球だったと思います。
追いつくために前のめりになっている相手打線をうまく交わし、ストライクからボールになる変化球を振らせる投球は見ていて気持ちよかったです。
5回終わった段階では球数的にもまだ余裕がありましたし、完投は無理でも少なくても7回できたら8回と思ってみていました。

なので6回の周東への四球は本当にもったいなかったですし、牧原に粘られながらタイムリーを打たれたのも長いイニングを投げるという観点からも痛かったですね。
降板後の本人も6回でマウンドを降りたことを悔やんでおりましたが、18番を背負うのであれば当然のこと。
勝ち投手になりましたが、あえての喝!です。

今度は走られすぎ

先週のバファローズとのカードではホームラン打たれすぎを嘆いていましたが、今日の試合は盗塁されすぎです。
周東をアウトにしろとはなかなか言いにくいですが、それでも1試合3盗塁はやられすぎでしょう。
見ていますとスタートはそれほど良くないため牽制はできていると思いますので、投手のクイックの影響もあるかもしれませんが今日に関しては捕手のスローイングの問題でしょう。
キャッチャーはやること多くて大変なポジションだと思いますが、他球団から見たら完全にキャッチャーがマリーンズ弱点だと思われているはずですのでなんとか改善を!

書いている内容が文句ばっかりになってしまいましたが、今日は勝った試合でしたね。
要求のレベルがついつい高くなってしまうのはチームが成長してきた証拠ということにします。
さて昨年から続くPayPayドームでの連敗も止まりここから反撃モードです
明日の岩下も落ち着いて投げればきっと押さえられますので、期待して観戦したいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA