残念な1回表、執念の7回裏

千葉ロッテマリーンズ 7-4 オリックスバファローズ
@ZOZOマリンスタジアム

文句を言われる内が華ですよ

このカード2試合で被本塁打5本、そしてずっと課題の立ち上がり。
先発の小島にとってはこれでもかというくらい気を付けなければいけない1回表でしたが、ホームランを含む3失点にはがっくりしてしまいました。
少し甘かったですがホームランにしたのは打った杉本がうまかったと思いますし、右方向に大きいのを打てる打者なのでインコースを使うのも間違ってはいません。
ただ結果がすべての世界ですのでチームとしては出鼻をくじかれたとことに変わりなく、打線が奮起し勝ったから結果オーライですが同じような失敗を繰り返す小島にはいい加減飽き飽きです。
2回以降も併殺打が2個あり相手に助けられての無失点で、特に2回表の先頭打者四球は反撃ムードに水差す行為に他なりません。
先発の柱として期待された今季ですがこれでやっと初勝利。
佐々木朗希の一軍昇格が期待される中、もし今ローテを外されるなら間違いなく小島でしょう。
首脳陣もファンも成長を期待していますがいつまで待ってくれるかわかりませんので、色々文句を言われている内が華だと肝に銘じるべきです。

執念実った7回裏

Tー岡田にこのカード7本目のホームランを打たれて1点差に詰め寄られた7回裏ですが、ベンチは勝ちにこだわる執念の采配でした。
まず先頭の安田がヒットで出ると迷わず代走和田を送りますが、この段階で安田を下げるということは同点の9回を考えていないということなので必ず成果を出さなければいけません。
その後無死12塁になりレアードのところで送りバントのために代打髙部を送りましたが、このカード当たっているレアードですし相手投手のKー鈴木もレアードが好きなタイプに思えましたので驚きました。
結構ギャンブル性が高い作戦に思えましたが起用された髙部はきっちりランナー送り、続く井上はタイムリーを放ちましたが普通守備位置ならショートゴロでしたので送りバントが効いたことになります。
勝負どころと考えここで点を取るという明確な意図を出したベンチに対し起用された選手たちがきっちり応える、非常にいい攻撃だったと思います。
まあここまでやるなら柿沼も送りバントでよかったと思いますけど、あくまで結果論ですからね。

打ったホームランより打たれたホームラン

1回表の3点でどうなるかと思いましたが、1回裏にすぐ点を取り返せたのは大きいですね。
特に荻野マーティンの連続2塁打はチームに勢いを与え、結果的には相手先発の増井はずっと落ち着くことができませんでした。
この12番コンビは本当に頼りになりますね。

そして同点はまさかの柿沼のホームラン。
申し訳ないが完全に想定外の一打で、正直に言うと柿沼の打席だからとトイレに行っていました…笑
この1打でこの先は相手バッテリーも多少は警戒すると思いますので今後の試合も考えて大きいホームランだと思います。
ただ柿沼には自身が打ったホームラン1本の喜びより、このカード打たれたホームラン5本の悔しさが上回って欲しいです。

さあこれでこのカード勝ち越しです。
昨年からお得意様のバファローズは今年も健在ですね。
来週はまだ3月の悪夢が脳裏に残る福岡でのホークス戦。
嫌な記憶は勝利でしか消せませんので絶対に勝ちましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!

2 COMMENTS

ロッテ墓

小島、2回表先頭打者を四球これには私も「またかっ」と。
応援のリズムが萎える、野手はこの何倍もリズムが狂うのではないかと思います。いつ頃からかボール先行の小島先発の時はどうも…?でこっちも調子悪い。特に対戦相手がストライク先行でグイグイくる投手だと尚更です。それとロッテ戦ホクホクで臨んでくるラオウや愛斗、繰り返しやられるのが1番効く。ベンチ、首脳陣、当事者も十分意識していると思うので、次からはあっ考えたなというプレーを是非にお願いしたい。

返信する
chikuma

小島流れる様に打たれた初回のホームランもそうですが、2回表の先頭打者四球も罪が重いです。
結果的には併殺打でしたけど試合の流れを考えるうえでは最低の結果と言ってもいいですし、上位チームは逃してくれないでしょう。
どの球団からも打っている吉田正に打たれるのは文句を言いませんから、せめてうちだけで強打者になる杉本は次の対戦ではしっかりチームとして対策を。
対策して抑えたという結果を残さないとだめですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です