エチェバリアは許す、井上は許さん

まさかの連続タイムリーエラー

遂にエチェバリアが合流し早速7番ショートでスタメン出場、期待していましたが初陣は散々な結果になってしまいました。
問題は1点先制した2回裏の守備。
なんでもないショートゴロに見えましたがまさかのファンブルですぐに追いつかれてしまいます。
どんな名手でもその試合の最初の守備機会は緊張っするものだとは思いますが、エチェバリアはメジャーリーグでも守備の名手と言われていた選手、あのくらいは簡単に捌いてもらいたいものです。
ただエラーの瞬間はもちろん残念でしたが、今日が1軍の公式戦1試合目だったので大目に見てあげようかと思っておりました。

ただ連続タイムリーエラーとなってしまった井上の落球は許しません。
ファースト後方へのフライでイージーフライとは言いませんが、マリンを本拠地に持つチームですのであれくらいは捕らなければいけないフライです。
打撃の調子がイマイチ上がらない中それでもスタメンで起用してもらっているのに、評価されているはずの守備でつまらないミスをしてくれるなと思いますね。
この段階で今日の試合は勝負ありでした。

実力不足と言わざるを得ない

エラーによる不運な失点でリズムが崩れた側面はありますが、仮にエラーがなかったとしても早いイニングで逆転を許していたと思います。
先週も何とか粘りながら投げていたといった印象でしたし、現状先発ローテで起用するのは実力不足と言わざるを得ません。
二木の復帰も決まりGW明けは2週続けて6連戦ではありませんのでとりあえず今日で一回抹消ですかね。

6回以降はBチームの投手陣が登板。
佐々木千隼は貫禄すら出てきましたし、河村は枠な展開ならいい仕事をします。
ただ土居はそろそろ化けの皮が剝がれてきたかなと思います。
やはり四球が多いのがネックで今日も先頭打者に与えていましたし、クイックが弱点でさすがに走られ過ぎです。
オープン戦では活躍しましたがやはりまだまだの選手で、こちらもこのタイミングで2軍で鍛えてきてもいいのではないでしょうか。

沈黙の打線

打線は押し出しの1点のみ。
2回のチャンスで佐藤都志也の打球が正面を突く不運もありましたが、これが最多勝を取る投手というもので完全にこちらの粘り負けです。

そんな中エチェバリアは3打数無安打でしたが感じはそこまで悪くないように見えました。
ある程度は打席数が必要かと思いますので攻守とももう少し我慢しましょう。

そういえばエチェバリアの代わりに2軍行きを命じられたのは三木でしたね。
鳥谷1軍残留は当たりましたが、あんなに便利に使っていた三木を落とすとはさすがに驚きです。
当面の間エチェバリアがスタメンでしょうから藤岡が代走や守備固めに使えますが、藤岡がスタメンの時はどうするのですかね。
さすがにエチェバリアに三木の役割はできないと思うのですが…。

今日は完敗中の完敗であまり振り返ることがありません。
気持ちは今日の試合途中から明日の試合へ。
二木と田中という両チームの18番の投げ合いを楽しみにしましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!


東北楽天ゴールデンイーグルス vs.  千葉ロッテマリーンズ 7回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
M 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 2
E 0 2 2 1 0 0 0 3 X 8 10 0

勝利投手  涌井 (4勝0敗0S)
敗戦投手  中村稔 (0勝1敗0S)

4 COMMENTS

ロッテ墓

井上は先日のトンネルエラーの時、1分後くらいの塁上ランナーと画面に映ったニタニタが腹立たしく思っていました。そして今日のフライ取り損ないエラーと、去年までは器用な守備だったのに…集中出来てないし、戦う気があるのかと…残念です。なるべく是々非々で見て行きたく、右打ちタイムリーの時などはヨシッととなりますが、集中を欠いた守備や強引な引っ張りでの併殺打があるとゲンナリです。まだ控えであっても懸命に応援するレアードの方がいいです。エチェバリアには早く慣れてもらいたいし、今日も好走塁な盟友マーティンのアドバイスを受けて躍動して貰いたいです。

返信する
chikuma

レアードや山口といった他のファーストの座を争う選手たちと比較して井上が勝っているところは守備だと思いますのでそこであんまミスをしてもらっては困ります。
打撃も昨年までと比べると粘りがないようにみえ、まだまだ状態が悪いのでしょうね。
立場的にも気長な復活を待てる感じでもないですし。
エチェバリアは初戦はミスが目立ちましたが時間が解決してくれることに期待します。

返信する
pf

いつも楽しく拝見していますが、今回のタイトルには、えーっ!! なんでですか?と思いました。
エチェバリアがエラーしなければ、チェンジになって、ゼロ点ですよね。井上のエラーは1失点ですが、エチェバリアのエラーは2失点につながっています。
まして、エチェバリアのほうが、井上より給料高いんだし、背負っている責任からいって、井上より軽い(許される)はずはないと思うのですが。

返信する
chikuma

エチェバリアはまだ来日して1ヶ月くらいで春季キャンプも参加しておらず2軍戦に数試合出たくらいです。
異国の地の慣れない環境で緊張感が違う1軍公式戦初出場、経験のある選手とはいえミスをするなというのも酷な気がしました。
マーティンも来日直後は何でもないフライを落球していましたし。
その点開幕前からキャンプや試合をしっかりこなしている井上とはちょっと状況が違うと思っております。

もちろん高額な年俸や年齢を踏まえるとエラーしていい立場ではありませんので、1ヶ月後は同じことは言いません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA