小島、もったいないよ…

小島はいつもの小島

マリーンズファンたちの願い叶わず、田村は肉離れで1カ月程度の離脱が発表されました。
額面通り受け取ると交流戦の開始に間に合わないくらいですので、そこまではいるメンバーでなんとかするしかないですね。
江村が昇格しましたが昨日の予想通り先発マスクは柿沼、ただやっぱり柿沼のリードは好きになれません。
先発の小島の制球力の問題もありますが、追い込んでからのあまり意図を感じない1球外しのストレートとか不要なボールが多いように思えます。
打たれた分はまだ大目に見ることができますが、四球は2個なのに球数は5回で90球以上要してしまった点はバッテリーで反省するべきかと思います。

そして1番の問題は愛斗に打たれたホームラン。
マリーンズファン100人中200人くらいが「もったいない」と思ったはずです。
チェンジアップの投げそこないの半速球がど真ん中に行けばそりゃ打たれます。
前回のマリンでのライオンズ戦とのカードでは3本打たれた相手ですし、マーティンのホームランで勝ち越した後ですし、球数的にもこのイニングが最終回、用心して投げなきゃいけない場面なのに何をしているんだといった感じです。
打たれた直後のしまったという小島の顔、まさに後悔先に立たず。
いつも同じようなミスをし、同じような結果になってしまいなかなか成長の跡が見えない小島、もうローテを守ればいい立場ではないはずです。

打てない相手じゃないはずだけど…

昨日の上間と同様に、今日のライオンズ先発の今井も別に打てない相手ではないと思いました。
現に今井は四球を6個も出しておりだいぶ苦労してピッチングしているように見えました。
ただいつもならそこに付け入るマリーンズ打線ですが、今日はランナーを出しても併殺打あり牽制死ありと自らの勢いを消すような攻撃をしていては勝てるものも勝てません。
特に髙部の牽制死は言語道断で、せっかくスタメンで起用してもらっているのにあんなつまらないプレーをしていてはと思います。
そもそも速いストレート中心の今井に髙部をスタメン起用するのもいかがなものかと思いますが。

8回のチャンスで1点取れていたらと思いますが、そこで点が取れなかったのが決定的でしたね。
3塁ランナーが荻野だったので奨吾には何としても前に飛ばしてほしかったのですが。
まあ平良はそこで簡単に打たれるような投手ではありませんので、明日は7回までに勝っていることが勝利の条件になりそうです。

唐川には文句を言わん

負け投手は決勝ホームランを打たれた唐川。
もちろん打たれたボールは不用意な1球と言わざるを得ませんが、これまでの貢献を考えると唐川には文句を言えません。
その後のピンチはしっかり抑えましたし、どんな大投手でも点を取られないことはないので切り替えて次の登板に備えて欲しいです。

これで2連敗、相変わらずメットライフドームでのライオンズ戦は苦手ですね。
さすがにスイープされるわけにはいきませんので明日は必勝です。
とにかく打つ、打つのみです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!


埼玉西武ライオンズ vs.  千葉ロッテマリーンズ 5回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
M 1 0 0 0 0 1 0 0 0 2 3 1
L 0 0 1 0 0 1 0 1 X 3 8 1

勝利投手 平良 (1勝0敗0S)
敗戦投手 唐川 (1勝1敗0S)
セーブ  増田 (0勝1敗8S)

本塁打
マリーンズ マーティン 9号(6回表ソロ)
ライオンズ 愛斗 4号(6回裏ソロ) 、 栗山 1号(8回裏ソロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA