エチェバリアは1軍に来る?来ない?

3度目の緊急事態宣言へ

東京大阪京都兵庫の3度目の緊急事態宣言が発出され、先週末にかけてプロ野球界は対応に追われていました。
どうやら宣言地域に本拠地を持つ巨人ヤクルト阪神オリックスの主催試合は無観客で実施、その他は観客を入れて実施するような決定がされたみたいですね。
マリンでは有観客でやるみたいですが上限は当面の間は上限5000人のようですので、無観客よりはマシですが球団経営にとっては嬉しくないでしょう。

あまり政治的な話はしないポリシーですが、個人的にはプロ野球の無観客開催には反対ですね。
非科学的ではありますがファンの声援は選手の力になると信じており、プロ野球の試合の要素としてスタンドの観客は必要不可欠なものと思います。
そして宣言発出地域に本拠地を持つ球団のみ無観客開催というのは収益面でも不公平な感じもしますし。

今シーズンまだマリン参戦ができていないのですが、これでまた当面行けなさそうです。
とりあえずリモート応援チケットの第3弾も発表されましたのでこれでファンクラブチケット引換券を消費してしまおうかと思います。

4/27(火)リモート応援チケット第3弾販売開始!!|千葉ロッテマリーンズ (marines.co.jp)

とにかく一刻も早い事態の収束を願うばかりです。

エチェバリアは合流するのか

先週末には井上が1軍に合流しましたので、次に合流が期待されるのは新外国人のエチェバリア。
とりあえず先週は2軍の試合で実戦感覚を取り戻させるという方針だったみたいですが、果たして今週の合流はあるのですかね。
簡単に2軍戦の成績と映像を見ましたが、打率が4割近くあり打撃は問題なさそうですね。
あまり大振りせずしっかりボールを捉えるスタイルですので、1軍にアジャストするのもそこまで時間がかからないと思います。

問題は守備ですかね。
スローイングの強そうですが、メジャーではこれが当たり前なのかもしれませんがゴロ処理の時に腰が高くて見ていてヒヤヒヤします。
日本の球場は人工芝が多くイレギュラーが少ないためそこまで気にする必要はないかもしれませんが…。
そして残念ながら守備範囲もそこまで広いようには見えません。
まあこの辺は獲得するときにわかっていたと思いますし、すぐに改善することでもないのでこのままショートで起用するんですかね。
打撃では期待できそうですので1軍投手に慣れる時間も考え個人的には早目に昇格すれべきだとは思いますが、果たしてどうでしょうか。

そして2軍行きは誰になるでしょうか、と言うか鳥谷を2軍に落とすでしょうか。
ショートのスタメンは完全に藤岡になり、試合終盤の守備固めも三木が優先、調子が上がり切っていないとはいえさすがにレアードを落とすという選択肢はないと思いますが…。
それでも井口監督は鳥谷を1軍に置いておく気がしてなりません。

今日の公示では抹消なし。
まあ明日からメットライフドームでの試合なのでいつでも合流できますし、一時期に比べ藤岡の勢いも落ちてきました。
この3連戦中か仙台に移動するタイミングでの合流と予想します。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です