初勝利、初セーブ、初アベックホームラン

やっと勝った

鈴木が登板5戦目にしてついにプロ初勝利を手に入れました。
本人はヒーローインタビューで調子はよかったと言っていましたが、ホークス相手なので試合内容はなかなか厳しいものに。
相手先発の松本が完璧な立ち上がりしたのとは対称的に、初回から強力なホークス打線相手にヒットは許すものの得点は許さない粘りのピッチングになりました。
特にスライダーがなかなか決まらず苦労しているようには見えましたが、それでも強気にストレート系のボールを投げ込んでいく姿は勇ましく、ルーキーですが精神的にも相当タフな投手ですね。
100球超えた7回に捕まりましたがこれもまた経験、今後の伸びしろということでポジティブに捉えましょう。
今日のピッチングを見せられるとこれで今季初勝利というのはやっぱり信じがたく、今後は必ず白星は付いてくるはずです。

初のアベックアーチ

今日は安田、山口の初めてのアベックアーチが飛び出しました。
それぞれのホームランには選手の特徴が出ており、安田は強い打球を右中間の深いところまで運び、山口は滞空時間の長いきれいな放物線を描くホームランでした。
若い二人が切磋琢磨し打線の軸になってもらい、このアベックアーチを今後も幾度となく見たいものです。

鈴木に初勝利をつけるべく、今日は安田山口以外の野手陣も奮起しました。
奨吾は3安打2打点とチャンスメイクもできればランナーを帰す勝負強い打撃もあり頼もしい限りでさすがキャプテンだなと思いますし、気付けば打率も.326まで上がってきており調子はだいぶ良さそうですね。
今日もスタメンで起用された角中の先制のタイムリーも大きかったですね。
ホークス先発の松本の調子が良さそうで3回までの様子だとなかなか点が入らなそうかなと思っていたところでしたので価値が高いです。
個人的には角中には代打の切り札としての起用をしてもらいたいのですが、昨日今日の結果だとスタメン起用も捨てがたいですね。
今日から合流した井上はバッティングの感じは悪くはなかったと思います。
そしてファーストの守備の安心感は井上に勝る選手はいませんね。

9回はヒヤヒヤ

大量リードがあったはずが789回とじわじわと詰め寄られまた嫌な流れに。
最後は佐々木千隼が好リリーフで締めてくれましたが、土居や昨日投げた河村といった若い選手たちには勝ち試合のホークス戦のマウンドを任せるのはまだ難しいのかもしれません。
そうはいってもいつかは超えなければいけない壁ではあるのは重々承知なのですが…。

そして鈴木がプロ初勝利ならば千隼はプロ初セーブ。
ハーマン唐川益田が3連投を回避するために使えず、おそらく9回のセーブシチュエーションで登板するのは野球人生でもそうなかったはずですがきっちり仕事をこなしてくれました。

今日もナイスピッチングでしたが、私は千隼にはまだ上があると思っています。
マリーンズ投手陣になくてはならない存在になりつつありますが、今以上の更なる飛躍を期待します。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!


千葉ロッテマリーンズ vs.  福岡ソフトバンクホークス 6回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
H 0 0 0 0 0 0 2 1 2 5 14 0
M 0 0 0 1 4 3 0 0 0 8 13 0

勝利投手 鈴木 (1勝1敗0S)
敗戦投手 松本 (1勝1敗0S)
セーブ  佐々木千 (3勝0敗1S)

本塁打
ホークス  グラシアル 4号(9回表ソロ) 、 栗原 3号(9回表ソロ)
マリーンズ 安田 5号(5回裏2ラン) 、 山口 4号(6回裏2ラン)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です