益田の悪夢は終わらない

ホークス戦の9回は鬼門

抑えというのは非常に難しいポジションでありその苦労は想像を絶するものだろうと思いますが、それでもこう何度も同じ相手から同じように勝利を逃すのは話になりません。
1点リードで迎えた9回に益田が撃ち込まれ逆転負けで連敗、ホークス戦に関しては4連敗です。
デスパイネの打球は打ち取った当たりだったので不運な面もありますが、ランナーを一人出してから落ち着かないピッチングになってしまった当たりホークス相手に投げづらさがあるのでしょう。
同点で踏ん張っていればまだよかったですが、逆転まで許してしまうあたり今の益田の状態の悪さがわかります。

今日に限った話ではないですが、今シーズンの益田は空振りが取れないのが致命的ですね。
決め球のシンカーが簡単に見逃され、結果ストレートをヤマを張られてしまいます。
栗原も打ち取りはしましたがストレートを簡単にファールにされ嫌な感じもありましたし、甲斐に打たれたボールも悪くないのにセンター前に運ばれた当たり、ストレート1本狙いで変化球は簡単に見極められているのでしょう。
どうにか復調を信じたいのですがこのまま抑えを任せていいものか悩ましいところです。

浦和直送バッテリー

予告先発の中村稔弥はわかっていましたが、キャッチャーも今日1軍登録の佐藤都志也がスタメンマスクでした。
思い切った起用ですが井口監督もこういった起用ができる様になったとポジティブに捉えましょう。
中村稔はまだまだ甘いところはありますが、結局失点は柳田の1発だけなのでよく粘りながら投げれたと思います。
二木の代役は急に決まったものと思いますが、こうやってきっちり自分の仕事ができる当たり2軍でいい準備ができていたのでしょう。

6回からは勝ちパターンを投入、小野ハーマン唐川と3選手とも良いピッチングをしていました。
特に小野は投げているボールはほんといいものがあり、デスパイネから奪った三振のように変化球でもストライクゾーンで勝負してもいいと思います。
ハーマンはこれで7試合連続、唐川に至っては開幕以来12試合無失点ですので非常に頼もしいです。
ひょっとしたら配置転換もあるかもしれませんね。

いい攻撃は初回のみ

1回裏は流れるような攻撃でホークス先発の石川から2点先制しました。
荻野とマーティンでチャンスメイクし奨吾と安田で返すというお手本のような攻撃で、この上位打線は破壊力ありますね。
しかしその後は石川をはじめホークス投手陣を打ちあぐね得点はこの2点のみ。
チャンス自体はありましたがあと一本が出ませんでした。
もう1点どこかでとれていたら違う結果が待っていたかもしれませんので、益田が一人責任を負うのは違う気もします。

これでホークス戦は4連敗。
一昨年から去年にかけてはお得意様だったのに立場が逆転してしまいました。
明日の美馬は高相性は健在なので連敗ストッパーになってもらいたいです。
そして益田の扱いをどうするか、監督コーチはどのような判断をしますかね。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!


千葉ロッテマリーンズ vs.  福岡ソフトバンクホークス 4回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
H 0 0 0 1 0 0 0 0 2 3 9 1
M 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 7 0

勝利投手 髙橋純 (1勝0敗0S)
敗戦投手 益田 (0勝3敗3S)
セーブ  森 (1勝0敗7S)

本塁打
ホークス 柳田 4号(4回表ソロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です