すまん岡、これは予想してなかったわ

必敗の流れからのサヨナラ

正直言ってわたし6回に東條が押し出しの四球を出した段階で今日の試合は諦めていました。
改めて野球は何が起こるかわかりませんし、逆転を信じ最後まで戦ったマリーンズの選手達には申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。
ナイスゲームでした。

岡は出場機会が限られていましたが腐らず準備を怠らなかったことでこういったスタメンで起用されたチャンスで結果が残せているのでしょう。
やはり身体能力の高さは非凡なものがありサヨナラホームランの打球もバックスクリーンに突き刺さる凄まじい当たりでしたね。
これも申し訳ないのですが今までの岡なら気負って凡打かなとうっすら考えていましたのでさすがにこの結末は予想していなく、画面の前で思わず叫んでしまいました。
この様子なら今後もスタメンを任せられる選手だと思います。

そしてこのサヨナラの流れを作ったのは6回のピンチで確実な仕事をした田中靖洋ではないでしょうか。
東條の大乱調で壊れかけてた試合をなんとか繋ぎ止めたピッチングは素晴らしく、この仕事ができるのはチームには田中しかいません。
ヒーローインタビューに呼んであげたいくらいの活躍でした。

各自がきっちりと仕事をこなす

田中のピッチング以降は各選手がきっちりと各々の仕事をこなしていたと思います。
まず反撃の口火を切るのはやはり4番の仕事、甘めのスライダーを捉えたきれいな放物線でした。
昨年は6本だったホームランも今シーズンは4月の段階でもう4本目で着実に成長していますね。
ただ8回のチャンスでは打ち気が強すぎましたあれは反省です。

角中はチャンスの代打でしっかりタイムリーを放ちました。
しかも2番手捕手の柿沼に対する代打ですので相当なリスクを取った作戦で、それを成功させたのは大きかったです。

4番手の土居も回跨ぎをこなしてくれましたし、佐々木千隼は9回を三者凡退でサヨナラのリズムを作ってくれました。
地味ですがこのビハインドで登板するBチームのリリーフ陣の好投も光りました。

8回は荻野のマーティンのコンビでチャンスメイク、奨吾は2日で3本目のライトへの犠牲フライを放ちましたし、その前の和田の盗塁も効きました。
振り返ってみると後半戦はほんといい戦いをしていたと思います。

反省点はしっかりある

終わり良ければ総て良し、なんて言葉はシーズン前半には使えません。
先発の小島は課題の立ち上がりはクリアしましたが中盤粘れませんでした。
4回の失点は記録上はエラーはつきませんが完全に藤岡のエラーの併殺崩れでの失点ですので情状酌量の余地はありますが、5回は全然別人であれではとても先発ローテの柱としての役割は果たせません。
もったいない失点が多くもっとできるはずの選手だと思っていましたが、こうも同じような結果が続くとこれが限界なのかなと考えてしまいます。

東條は言語道断。
四球4連発で押し出しは話になりません。
小野を落としたのであれば東條も2軍に落とさないとチームの整合性が取れない気がします。

打線はやはり初物に弱く6回までは閑古鳥が鳴くような攻撃しかできませんでした。
伊藤がいい投手なのは認めますがそれでも今後対戦は続きますので次回対戦は攻略したいです。

気が付けば貯金3で2位に浮上しました。
まだこの時期なので順位に一喜一憂する程ではありませんが、それでも嬉しいものですね。
詳細は不明ですが二木が抹消されたという嫌なニュースもありましたが、それを吹き飛ばす今日の勝利でした。
明日も勝って今シーズン初のスイープをしましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!

 


千葉ロッテマリーンズ vs.  北海道日本ハムファイターズ 5回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
F 0 0 0 1 3 1 0 0 0 5 8 0
M 0 0 0 0 0 0 3 1 2X 6 8 1

勝利投手 佐々木千 (2勝0敗0S)
敗戦投手 杉浦 (0勝1敗4S)

本塁打
ファイターズ 近藤 3号(5回表3ラン)
マリーンズ  安田 4号(7回裏2ラン) 、 岡 2号(9回裏2ラン)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA