今日の1勝以上の価値がある山口の一発

右方向に引っ張った

右打者の打球とは思えないような鋭い打球をライトスタンドに放り込んだ山口の一打が今日の試合を決めました。
6回7回と勝ち越しのチャンスを逃し非常に嫌な雰囲気でしたががむしゃらに振る彼には関係なかったですね。
球界を代表するセットアッパーの宮西から放った一打ということで、この試合の勝利だけでなく山口自身にとっても自信なる一打になったはずです。
そして改めて彼の能力の高さを感じ取れましたし、開幕前は2軍で修業がいいのではと言っていた自分が恥ずかしくなります。
山口はマリーンズを代表するホームランバッターになりましたね。
ヒーローインタビューでも茶目っ気たっぷりで好感が持てますし、これからも打率や三振数など気にせず今まで通りの見ていて気持ちいいスイングをする選手であって欲しいです。

そしてその後も百戦錬磨の宮西を攻め続けノックアウトし追加点を取れたのも非常に大きいです。
もちろんセーフティリードになり益田を休ませられたということもありますが、ファイターズのセットアッパーであり投手陣の柱である宮西から打てたということは価値があります。
これまでなかなか得点を取ることができなかった相手ですので、この3連戦だけでなく今後のファイターズとの戦いにおいて今日の結果はプラスに働くはずです。

相変わらずの嘆き節もそれでも評価はしたい

先週の復帰登板は良いピッチングだったのですが今日はダメでしたね。
毎回先頭打者の出塁を許していましたし、2本のホームランを含め全体的にボールが高くさらには追い込んでからのピッチングに苦労している様でした。
試合後のコメントは今日の内容を最悪と評していましたし、全然納得していないのでしょう。
ただ毎回ランナーを背負っていましたが四球は1個に抑えたことが味方の好守に繋がったと思いますし、6回まで投げ切ったことは評価したいです。
やはり6連戦の緒戦を任される選手だけあり、どんなに悪くても試合はつくる石川の意地を見た気がします。

ハーマンはナックルカーブの制球がだんだんはよくなっていますがもう一つよくなると安心できますかね。
唐川に関しては完璧で何も言うことはありません。
河村はあのポーカーフェイスな感じなのにピッチングは劇場型でヒヤヒヤしました。
近藤相手に3-2から首を振ってまでのストレート連発で、それじゃ近藤は打ち取れんよと思いましたが結局ストレートゴリ押しで三振を奪い、やはりいいものは持っているなと思いました。
ただ次はもう少しスムーズに抑えて欲しいですね。

奨吾がいい働き

山口が今日のヒーローということに異論はないですが、打線で一番い働きをしたのは奨吾だと思っています。
あの2本の犠牲フライでファイターズに流れを渡さなかったと思いますし、四球を2個選びチャンスメイクに有効でした。
最後のダメ押しタイムリーは言うまでもありません。
地味な働きですけど個人的には非常に大きな仕事をしたと思います。

今日スタメンはスタメンで藤原に代わり岡を起用してきました。
まあこれに関しては賛成で、起用した岡も好守に機能しましたし今日の起用は成功でしょう。
ただ岡には藤原の代わりだけでなく荻野やマーティンを休ませることができる選手になって欲しく、これから走攻守でアピールしてもらいたいです。
そして藤原は明日はスタメンだと思います。
同期の山口がヒーローになったということは嬉しくもあるでしょうが悔しくもあるはずで、スタメン落ちの分も含め今日の悔しさをぶつけて欲しいです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!


千葉ロッテマリーンズ vs.  北海道日本ハムファイターズ 4回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
F 2 0 1 0 1 0 0 0 0 4 10 0
M 1 0 1 0 2 0 0 4 X 8 11 0

勝利投手 唐川 (1勝0敗0S)
敗戦投手 宮西 (1勝2敗0S)

本塁打
ファイターズ 近藤 2号(1回表2ラン) 、 西川 1号(5回表ソロ)
マリーンズ  山口 3号(8回裏ソロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA