安田で泣き、安田で笑う

緊迫した投手戦に

結局終わってみれば安田のための試合になりましたね。

先発の二木は2回に杉本にホームランを打たれますが、それ以外は要所を抑えるピッチングで6回までこれ以上の失点を許しません。
杉本のホームランは甘いボールで反省しないといけませんが、ハーマン唐川の勝ちパターンを使えない状況をしっかり理解しており球数少ないピッチングでさすがと思いました。
この投球には吉井コーチは助かったでしょう。

ただそれ以上のピッチングを披露したのは相手先発の山岡。
今日は調子が良かったのでしょうが特に勝負どころで使ってきたチェンジアップが秀逸でした。
1点勝負になるとの判断で5回の段階で代走岡を使うなどベンチもしっかり動きましたがそれでも崩れることなく7回まで無得点。
敵ながらあっぱれといった感じで正直今日の山岡なら点を取れなくても仕方ないと思ってしまいました。

安田はそれでいい

1点を争う緊迫した投手戦になり次の1点が非常に重要な試合になりましたが、一番嫌な形でマリーンズが失点しました。
7回裏の先頭の頓宮の打ち取ったなんでもないサードゴロでしたが安田がまさかのファンブル。
こんな展開で先頭バッターをエラーで出したら点に繋がらないわけがなく、吉田正と中川にタイムリーを浴び3点差と厳しい展開に。
ここはエラーした安田が悪いのは言うまでもなく二木は間違いなく被害者なのですが、それでもエースと呼ばれる投手は味方のミスをリカバリーするものなので二木には抑えて欲しくもありました。
今日の二木は十分責任を果たしましたがもっと上のステージを目指してほしいです。

正直この段階で今日は負けだと思いました。
しかし8回に代わった漆原から安田がスリーランを打ち同点に、安田が自分のエラーをバットで取り返しました。

このホームランには震えましたね。
エラーが消えるわけではないですがこれぞ4番といった仕事で素晴らしかったです。
守備面での貢献も大きいですが安田は打ってこその選手ですのでエラーしたらバットで取り返せばいいんです。
どんどん頼もしい選手になってきました。

勝ちに等しい引き分け

その後は8回は田中靖、9回には益田が無失点で切り抜け引き分けに。
ここまでの3つの引き分けは勝ち試合を逃しての引き分けですが、今日は負け試合を挽回しての引き分けですので勝ちに等しいと思います。
特に7回まで山岡の投球内容を思うと完全に負け試合だったので本当に価値が高いです。

ただもちろん問題点もあり9番藤原と1番荻野状態が気掛かりです。
特に現状はマーティンがポイントゲッターですのでマーティンの前にいかにしてランナーを貯めるかが重要です。
もちろんこの打線の並びが理想的であることには同意しますが、ある程度現実を見る必要もあるでしょう。
明日と明後日は左投手が先発ですので岡を起用するとか、マーティンの打順を代えてみるとかしてもいいのではないかと思います。
井口監督が動くかどうか見ものです。
そして明日の先発美馬に5割復帰を託しましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!


オリックスバファローズ vs.  千葉ロッテマリーンズ 4回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
M 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3 7 1
B 0 1 0 0 0 0 2 0 0 3 10 1

勝利投手
敗戦投手
セーブ

本塁打
マリーンズ 安田 3号
バファローズ 杉本 2号

2 COMMENTS

ヤマ

安田選手、やりましたね!
誰にでもミスはつきもの。ただ、それで終わらせない。
4番の責務を果たしました。
おっしゃるとおり、勝ちに等しい引き分けでしょう!

返信する
chikuma

安田は着実に4番打者としての階段を登っているように思えます。
ここからどこまで成長するか楽しみです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA