心臓に悪い8回表

どうなる8回の男

悪夢のような試合から一夜明け、昨日の記事では2軍に落とすべきではないと思いましたが小野は2軍行きを命じられました。
まあ東條も投げれるのであれば1軍で使いたいところですのでこれも仕方ないかなと言ったところですかね。
そして今日も接戦の展開で8回へ。
この試合は唐川がマウンドに告げられましたが妥当な人選でしょう。

ただ唐川もヒット2本と四球で一死満塁の大ピンチを招きます。
打順は5番の呉と昨日と同じで昨日のあの嫌なイメージが頭をよぎりました。
祈るような思いで画面をみつめていましたが生きた心地しなかったですね。
しかしそこは百戦錬磨の唐川。
まず呉には厳しいカットボール2球で内野フライに打ち取り、続くは昨日も今日もホームランを打たれている愛斗。
初球を緩いカーブでストライクを取ると速いボールでカウントを稼ぎ、決め球にはまた緩いカーブを使う巧みなリードで三振を奪います。
投げ切った唐川もさすがですが田村のリードも素晴らしかったですね。
昨日の反省を活かしていますし昨日の小野ー柿沼バッテリーもこの配球ができていれば…。
なんとか鬼門の8回を無失点で切り抜けることができました。
結果オーライですし選手たちも頑張っているのはわかりますが、こんな試合毎回見せられるファンの気持ちになって欲しいですね…笑

ソロホームラン王

打線はマーティンの2本のホームランと山口のタイムリーなどで終始リードを奪います。
特にマーティンは今季7本目とホームラン王争いを独走です。
それはそれで素晴らしいことなのですが、7本中5本がソロホームランなのはちょっともったいないですかね。
藤原荻野の出塁率が高ければいいのですが現状そうではないので、なるべくマーティンの前にランナーを貯められるように2番起用に拘らなくてもいいかなって気がします。
やっぱりマーティンはポイントゲッターだと思いますのでクリーンアップで使いたいですね。

そして荻野は少し休ませてみてはどうですかね。
疲労が原因とは言い切れませんが開幕頃と比べると明らかにパフォーマンスが落ちています。
マーティンの前の打者は重要だと思いますので荻野の出塁は得点に大きく影響します。
このままダラダラと試合に出し続けるのはよくありませんし、岡が代役としては十分機能しそうですからこのタイミングならできると思うのですが。

先発投手に勝ちがつく幸せ

美馬は今季初勝利。
調子自体はそれほど良くなかったですけど粘りながら7回まで投げてくれました。
崩れそうで崩れない姿はさすがベテランって感じで頼りになります。
昨日の二木はかわいそうでしたが美馬にはちゃんと勝ちがついて良かったです。

今日も勝ちはしましたが残塁数は15と非常に多かったですし、もっと楽な展開にできるはずでした。
勝ちパターンの投手は使わずに合流したての東條とか横山の1軍デビューとかできるようにしたかったですね。
勝つことだけに満足するのではなく反省するところは反省し、試合内容も伴うようにしたいですね。

さあ明日はルーキー鈴木が登板。
2試合とも好投していますが勝ち星に恵まれません。
自分が投げた試合で勝つ経験は何事にも変え難いと思いますので、明日はきっちり打線が援護して鈴木にプロ初勝利をプレゼントして欲しいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!


千葉ロッテマリーンズ vs.  埼玉西武ライオンズ 2回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
L 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2 6 0
M 1 0 3 0 0 0 1 1 X 6 11 0

勝利投手 美馬 (1勝0敗0S)
敗戦投手 浜屋 (1勝2敗0S)
セーブ

本塁打
ライオンズ 愛斗 3号
マリーンズ マーティン 6号、7号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です