本前の今後の成長に捧げる1敗

5回まで投げさせた吉井コーチの親心

プロ2試合目の先発の本前と球界屈指の好投手である山本由伸の先発で始まった今日の試合、この試合のことだけを考えたら3回の段階で本前を諦めるのが普通でしょう。
それでも5回まで本前を投げさせた吉井コーチにはこの先のことを見据えて本前にもっと成長してもらいたいという親心を感じました。

今日の本前は制球が思うように定まりません。
特に右打者へのインコースにストレートが投げ切れておらず、右打者を多く並べてきた相手打線のことを思うと致命的でした。
逆球がアウトコースのいいところにはいくのですが抜け球のアウトコースと狙って投げたアウトコースではボールの力が全然違いますから打ち返されて当然です。
ストレートが決まらないとチェンジアップなどの変化球が活きませんので今日は田村も配球に苦しんだでしょう。

3回までで毎回の5失点。
相手が山本由伸であることを思うとこれ以上の失点は許されませんので3回終わった段階でここで交代かなと考えていました。
ただベンチは4回も本前を続投を決断。
これ以上の失点を許すと試合が壊れかねませんので思い切った決断と言えます。
なるべく投手を使いたくないといった理由もあるでしょうが、それよりもこの先の本前の成長のための続投だとわたしは思います。
3回5失点で降板だと先発投手としての責任は果たせず本前には打たれた記憶しか残りませんが、それでは本前のためにならないという吉井コーチの思いが感じられました。
その思いに応え4回5回は無失点に抑えた本前。
先発投手として試合を作ることはできませんでしたが、先発投手としての最低限の責任を果たすことはできたのでしょうか。

石川が来週から復帰予定であり、実績的にもこれまでの内容的にも本前がローテから外れることが予想されます。
そうなった場合次の本前の登板は早くて変則日程のGWくらいでしょうか?
この吉井コーチの親心を活かすも殺すも本前次第、次回登板では成長した本前を見たいですね。

山本から点を取れ!…っていうのは無責任

打線はレアードのホームランのみの1点に抑えられます。
チャンス自体は何度か作りますがなかなか点を取らせてくれません。
いつもなら点を取れない打線に苦言を呈したいところですが、相手が山本であることを考えるとそんな気分にはなれません。
完全に諦めているわけではないですが、山本由伸がそれほどの投手だと認めているということです。

今日は得点は1点しか取れませんでしたが、球数は投げさせていましたしそこまで絶望的な印象はなかったです。
まあ山本から勝つとなると1点を争う展開で前半にある程度球数を投げさせ後半勝負か相手の自滅のどちらかだと思っています。
今日は展開的にも楽に投げさせてしまったので難しかったですね。
シーズン長いので今後も対戦はありますし、こちらも次に生かせればと思います。

この敗戦をどうとらえるか

6回から投げた佐々木千隼は3回を投げ無失点。
ビハインドの展開のロングリリーフとなかなか日の芽を見ない役回りですがそれでもきっちりとこなしてくれる投手ですので個人的には結構信頼しています。
いつかまた先発で見てみたい投手です。

打線は9回に満塁のチャンスを作りますが得点奪えずゲームセット。
1発出ればの場面でしたがそううまくはいきませんね。

今日の試合は間違いなく完敗です。
しかしこの敗戦に何か見いだせるかどうかは戦った選手次第。
特に支配下登録されプロ野球選手として本当の意味でスタートしたばかりの本前には今日の経験を次に生かしてもらえればいいと思います。

切り替えて、また明日です。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!


千葉ロッテマリーンズ vs.  オリックスバファローズ 3回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
B 1 2 2 0 0 0 0 0 0 5 9 1
M 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0

勝利投手 山本 (2勝1敗0S)
敗戦投手 本前 (1勝1敗0S)
セーブ  平野佳 (0勝0敗1S)

本塁打
オリックス 杉本 1号
ロッテ レアード 2号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です