終わってみれば快勝だけど

流れに乗れない攻撃

今日のスコアだけ見れば快勝ですが、試合中盤まで余裕のある展開では決してなかったですね。
打線は試合中盤までにかけて初回の安田、3回のマーティン、6回の岡とタイムリーが3本出たのはよかったのですが、その後の続くチャンスではもう一押しができず。
1点も取れないよりはマシですがそれでもチャンスを潰していることには変わりないのですし、アウトのなり方も連続三振だったりダブルプレーだったり牽制死だったりとなかなか流れに乗れないような内容であまりリードしている感じはしませんでしたね。
チームの成長は一歩ずつ一歩ずつかもしれませんが得点くらいは取れるときに取りましょう。

岩下は7回の壁に跳ね返される

先発の岩下は立ち上がりはよかったのですが、3回に太田に打たれたホームランは不用意な一発でしたね。
2死まで簡単にアウトを取り太田のカウントも0-2と追い込んでいる中で甘くなったフォークを打たれました。
あまりにもスイスイとアウトを取っていたのでついストライクゾーンで勝負したくなるのはわかりますが、全然焦るカウントではなかったのでこれは要反省です。
しかしその後は気持ちを切り替えたのか素晴らしいピッチングで6回まではヒット1本に抑えます。

岩下は6回まで球数少なかったですし勝ちパターンは開幕から登板過多ですし昨日も3人つぎ込んでいますのでなるべく長いイニング投げてほしかったのですが7回につかまります。
四球2個とヒットで一死満塁のピンチを作ったところで唐川にスイッチ。
さすがに2点差でこの内容だとベンチも交代せざるを得ません。
岩下が先発投手としてもう一段階上に行くためにはこういった場面を乗り越えなければなりませんね。
唐川はT-岡田の犠牲フライだけでしのぎますが、昨日に引き続き嫌な流れです。

3発で突き放す

1点差に詰め寄られ嫌な流れでしたが、そんな雰囲気を一掃するホームラン攻勢でした。
口火を切ったマーティンはこれで今季5本目、すごい勢いでホームランを量産しています。
打率がイマイチ上がりきっていませんがそれでもチームに欠かせない打者ですね。
そして安田は完ぺきな当たりのホームランでした。
先週くらいから足をあまり上げない打撃フォームに見えますがこちらのほうがタイミングがとりやすいのですかね。
雰囲気が往年の松井秀喜のようで見ていてワクワクしますね。
止めは途中出場の藤岡にもホームラン。
鳥谷に出場機会が奪われていますのでもっと存在感をアピールしたいところです。
とりあえず明日は藤岡スタメンでいいのでは?

これで楽な展開になり8回はハーマン、9回は土居が抑えゲームセット。
なんだかんだありましたが勝った試合で小野と益田を休ませることができたのは大きいです。
ハーマンも今日をきっかけにこれから復調してほしいですね。

明日は本前と山本由伸が先発予定。
年下ですが本前には胸を借りる気持ちで挑んでほしいです。
打線はいかにチャンスを作り、それしっかりとものできるか。
どのような戦いを見せてくれるか楽しみです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!


千葉ロッテマリーンズ vs.  オリックスバファローズ 2回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
 B 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2 2 2
 M 1 0 1 0 0 1 5 1 X 9 11 1

勝利投手 岩下(1勝1敗0S)
敗戦投手 増井(1勝1敗0S)
セーブ

本塁打
バファローズ 太田1号
マリーンズ マーティン5号、安田2号、藤岡1号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です