ハッピーエンドじゃ終われない

鈴木は即戦力ぶりを見せつける

開幕2連敗で負けれらない3戦目、相手先発が左の和田という事で打線を大幅に入れ替え。
ファーストに山口、センターに岡、
DHは吉田と右打者を多く並べ、ショートは藤岡を起用しました。
そして先発はドラ1ルーキーの鈴木。
今日も最速150キロを記録したストレートをどんどん投げ込みホークス打線相手に真っ向勝負を挑みます。
2回に栗原に打たれたホームランは甘いところに投げてしまいましたが、打たれたヒットはこの1本のみ。
5回で奪三振6とプロ野球の世界でも十分通用することを証明しました。
ただやはり与四死球6個が良いわけはなく、これで自分のピッチングを苦しくしてしまいました。
この辺は課題でしょうが次回登板も楽しみですね。

逆転、逆転、逆転

2点を追う打線は4回に奨吾が反撃のソロホームラン。
オープン戦では状態が気になりましたがいざシーズンが始まってみると今日も
2安打を放つなど頼もしいキャプテンです。
6回には安田のタイムリーで同点に。
目の前で敬遠さえ思うところはあったはずですがしっかりと打ち返してくれました。
そして7回はエラーで出塁したランナーを今季初先発の藤岡がライトフェンス直撃のタイムリーツーベースで勝ち越しに成功。
鳥谷にスタメンを奪われ期する思いはあったはずですが、しっかりと結果を出しました。
この
1本だけで序列が変わるかは定かではありませんが、チームにとっても藤岡にとっても大きな一打でした。

しかし8回にセットアッパーのハーマンがデスパイネにツーランを浴びて逆転。
ハーマンは
2試合連続でリードを守れませんでした。
打たれたボールは完全に失投、擁護はできませんかね。

負けを覚悟した9回は2死から代打角中がヒットで出塁。
そして続く菅野が起死回生の逆転のツーランホームランを放ちます。
一昨日や昨日は全くいいところなく今日スタメンを外れていた菅野が大きな仕事をしました。
菅野らしい低い弾道の強い当たりでしたので今後の復調が期待されますね。
先制され逆転し、逆転され逆転するというシーソーゲームは9回裏に入ります。

最後はまさかの結末

これで後は9回裏を抑えれば大逆転での今季初勝利なのですが、このゲームはハッピーエンドでは終われませんでした。
登板したのはもちろん益田ですが、ヒット
2本と敬遠で2死満塁のピンチ。
そして代打川島に追い込みながらも外角のストレートをライト線に弾き返され逆転サヨナラのタイムリーに。

悪夢の開幕3連敗です。

最後のシーンは投げたコースは悪くないのですがあの打ち方は完全に配球を読まれていました。
柿沼も難しい場面でのリードですが守備面を期待されての起用なので反省すべきです。
そしてこれで2試合続けてのサヨナラ負けの益田ですが、状態というよりはメンタル面な気もします。
簡単に切り替えられる結果ではないですが前を向くしかありません。

火曜日からはマリンでのイーグルス戦。
相性が悪い相手ですが勝つしかありません。
2軍ではレアードが好調なようで合流即起用もあり得ると思います。
簡単ではないですが反省すべきところは反省しとにかく切り替えてイーグルス戦に挑んで欲しいです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!


 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
M 0 0 0 1 0 1 1 0 2 5 7 0
H 0 2 0 0 0 0 0 2 2X 6 7 1
勝利投手  岩嵜 (1勝0敗0S)
敗戦投手  益田 (0勝2敗0S)
セーブ
本塁打
中村奨 1号 、 菅野 1号
栗原 1号 、 デスパイネ 1号

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です