今日も残塁祭り

チャンスの数なら圧倒しているが

巻き返しを図る2戦目はスタメンを少し変更し、山口を外し髙部を2番に起用しました。
山口はオープン戦で高橋礼相手に全然合っていませんでしたし、一方の髙部はプロ初ヒットを打った相手なのでその辺の相性を考えての器用だと思います。
初回の攻撃は3つの四死球で作った二死満塁のチャンスで奨吾が押し出しのフォアボールを選び労せず先制します。
ただこの押し出しの四球を選んだ奨吾の打席はあまり評価しません。
明らかな四球狙いで打つ気がないのがありありと伝わってきたからです。
もちろん1点を取ることは重要ですが、延長戦なしのゲームの先攻なので、得点は取れる時に取らなければいけません。
2ボールからのストライクを取ったボールは甘いコースに行ったのに最初から打つ気がなかったように見えましたがベンチの指示なでしょうか。
そうでなければあの大量得点のチャンス、結果はどうであれ打者有利なカウントで勝負するべきだったと思います。
結局続く鳥谷は今宮のファインプレーにやられて1得点止まりでした。

その後も打線は四死球を絡めチャンスを演出しますが、今日のタイムリーはマーティンの1本のみ。
ヒットも全体で2安打と寂しい限りです。
心配な打線は今日も健在で、なかなかきっかけが掴めません。

完璧な流れでの継投のはずだった

先発の美馬は落ち着きのある投球で要所を抑え、相変わらずのホークスキラーぶりを見せてくれました。
豊富な球種でどのボールでもストライクがとれ、低めにきちんとコントロールされている投球はさすがの一言。
6回裏に1点とられましたが61失点といい内容だったと思います。

そして7回からはマリーンズ自慢の投手リレーで逃げ切りを狙いましたが、今日もまさかの展開が待ち受けていました。
唐川は藤原の大ファインプレーに救われましたが、あれが抜けていればもちろん一気に逆転で危ないところでした。
続く
8回のハーマンは二死2塁のピンチでデスパイネにタイムリー打たれて同点に。打ち取った打球でしたが飛んだところが悪かったですね。
そして勝利がなくなった9回裏のマウンドには益田。
今季初登板が難しいシチュエーションでしたが、一死から周東をヒットで出すと、続く今宮の打席でまさかの牽制悪送球。
盗塁を許してはいけない場面でしたがこれは盗塁されるより痛かったです。
最後は前進守備のセンターの頭を越すサヨナラタイムリーで開幕
2連敗。
勝ちパターンが打たれて負けた分昨日よりダメージが大きいですね。

ルーキーに託す

最後は失点しましたが9回で3失点と投手陣を責めるのは酷でしょう。
敗因は打てなかった事に尽きます。
12四死球をとってもさすがに2安打で勝てるほどプロ野球は甘くありませんね。

そして選手起用もやや消極的だったでしょうか。
8回の田村の打席や9回の髙部の打席では代打を起用しても良かったと思います。
せっかくベンチには吉田や山口、角中が控えているわけですし。
私には1点を守りにいった采配にみえ、これもサヨナラ負けに繋がった一因でしょう。

さて2連敗で明日は何としても勝ちたい試合。
ルーキーの鈴木には重たいマウンドになってしまいましてが、それ不安を払拭させてくれる快投を期待しましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ クリックお願いします!


ソフトバンク vs. ロッテ  2回戦

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
M 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2 2 1
H 0 0 0 0 0 1 0 1 1X 3 12 0
勝利投手 森 (1勝0敗0S)
敗戦投手 益田 (0勝1敗0S)
セーブ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA