長いシーズンの戦いが始まる

さあいよいよ開幕戦

遂に明日2021年シーズンが始まります。
いまだに続く新型コロナウイルス感染拡大の影響で、観客動員数や応援の制限、新外国人選手の入国ができない状況、さらには開幕直前に延長戦なしの特別ルールが決まりなど今年も例年にないシーズンになりそうですが、明日プロ野球が開幕できることを一野球ファンとして喜ばしく思います。
まずはコロナウイルス感染拡大が終息すること、そしてプロ野球が無事シーズンを終えることを切に願います。

さて今年のパリーグを軽く展望したいと思います。
まず昨季の覇者ホークスが中心となることは間違いないでしょう。
このオフは補強自体は目立ちませんでしたが、やはり戦力はパリーグの中でも頭一つ抜けているを言わざるを得ません。
先発投手は充実しておりリリーフ陣強力、野手陣も柳田を筆頭に長打力がある選手がそろっているかと思えば足を使って攻撃もできると総合力は高いです。
しかし戦力が充実しているからと言って試合に出る選手の数が多くなるわけではないですし、必ずしも勝利に直結するとは限りません。
ホークスを倒さないと優勝はあり得ませんので、明日からの開幕カードは重要です。

そして今オフの大きな話題は何とっても田中将大のイーグルス復帰です。
涌井田中岸則本の先発投手陣にドラ1の早川が入るイーグルスのローテは12球団屈指の評価をしていいでしょう。
松井がクローザーに再転向したことによりリリーフ陣の安定感も増したと思いますし、昨シーズンより手強いことが予想されます。
そして対イーグル戦の防御率が5.83と飛び抜けて悪く、マリーンズ投手陣はイーグルス打線と相性が悪いのでその改善は必須です。
こちらも優勝を目指すうえでは倒さなければいけない相手です。

この2チームと比べると残りの3チームは戦力的にはやや劣ると判断します。
ライオンズは山川や森が復調すればまた恐ろしい強力打線にありますが、やはり投手陣がやや弱く付け入る隙は十分あると思います。
バファローズも山本由伸、山岡、吉田正尚と核になる選手は手強いですが、戦力としては昨年同様くらいですかね。
ファイターズは有原の抜けた穴が大きそうで、投手力の整備が十分に間に合っていないように見えます。
マリーンズとしてはこの3チームからいかにして勝ち星を稼ぐかがチームの順位と直結しそうです。

若い選手達がどんな戦いをみせるか

さてマリーンズですが開幕スタメンは大きく若返ることになりそうです。
昨シーズン開幕スタメンは以下の通り。
8 福田秀
D 角中
7 荻野
5 レアード
9 マーティン
4 中村奨
3 井上
2 田村
6 藤岡
P 石川

先発投手を含めたスタメンの平均年齢は30.3歳(26~34歳)でした。
まだ開幕スタメンは発表されていませんが、昨日私が考えたスタメンですと平均年齢は26.2歳(20~35歳)となります。

4番は安田、井上は2軍へ 4番は安田、井上は2軍へ

まだ開幕ショート鳥谷なんていう可能性は残されていますがそれでも大幅な若返りが見られそうです。
投手野手ともに若い選手達ばかりなので勢いが大事で、乗っているときには怖いもの知らずでどこまでもいけるかと思いますので、明日からの開幕カードでその勢いを手に入れて欲しいです。
そしてもし仮に開幕スタートダッシュに成功したとしても、長いシーズンどこかで必ず不調の波は来ます。
そんな時に今2軍で一生懸命あがいている井上や福田秀などのベテランの力が必要になってくるかと思います。
必ず出番は来ますので腐らずに野球に取り組む姿勢を2軍の若手に見せて欲しいですね。

長くなりましたが本当に明日の開幕戦は楽しみですね。
開幕戦も同じ1試合ですが、持つ意味合いはほかの試合と違うはずです。
2021年シーズンの優勝へ向けての第一歩、そして常勝軍団への第一歩となるような試合を期待します。

2 COMMENTS

ヤマ

いよいよ明日、開幕ですね!
マリーンズは若手が活躍しそうな気配があるので楽しみですね。
おっしゃる通り、コロナウイルスが終息し、全球団が無事にシーズンを全うできることを願うばかりです。

返信する
chikuma

ヤマさん

若手の台頭はチームの成長に欠かせないものであり頼もしいです。
何とか今年は無事にシーズンを終えて欲しいものです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です