4番は安田、井上は2軍へ

井上、平沢は2軍へ

オープン戦は終了し1軍メンバーは開幕戦に向け福岡に移動しています。
そんな中1軍入りかと思われていた井上と平沢は今日のイースタンの試合に出場していました。
今日の結果はどちらもノーヒット、結果を残せませんでした。
両選手とも1軍の試合では十分な結果を残せておらず、平沢に関しては出場機会も少なかったので調整的な意味合いも強いでしょうか。
井上ははっきり言って状態は悪いです。
昨日もスタメンで出場していましたが凡打続き、今日もタイミングが合っていないように見えましたし力のない打球が目立ちました。
レアードが開幕間に合わないので長打力がある選手が欲しいのですが、この状態だと1軍の戦力としては計算できないとのことで開幕は2軍で迎えることになりそうです。

開幕1軍メンバー?

本日の時点で福岡に移動したのは上の28選手だそうで、これが開幕1軍メンバーでしょうか。
主力どころでは井上、福田秀平、加藤などが外れました。
ロッテ福田と井上が2軍スタート 昨年開幕スタメン – プロ野球 : 日刊スポーツ (nikkansports.com)

開幕一軍を勝ち取るのは誰だ 開幕一軍を勝ち取るのは誰だ

私の予想と違う点は、①フローレスがいない②平沢、井上→三木、髙部といったところです。
まず投手陣に関してはほぼ予想通り、延長戦がないのでロングリリーフ要因のフローレスは必要ないとの判断でしょう。
野手に関してはちょっと予想が外れました。
平沢は2軍の可能性もあるかと思いましたが、さすがに井上が外れるとは思いませんでした。
この場合は山口がファースト、菅野がDHでスタメン(または菅野がライト、マーティンがDH)が考えられます。
髙部も2軍では非常に調子が良さそうなのでここにきてのスタメン大抜擢の可能性もあります。
いずれの場合もレアード、井上不在による長打力不足が懸念されます。
今年も守り勝つ野球を強いられそうですね。

4番は安田

21歳ロッテ安田が開幕4番 51年ぶり球団史上最年少 – プロ野球 : 日刊スポーツ (nikkansports.com)

最後の最後に帳尻合わせをしてきた安田が開幕4番を務めることになりました。
まだまだ本調子とは程遠いと思いますが、私はこの判断は賛成です。
安田にはある程度の痛みを伴ってでも4番打者として育成すべき選手だと思っているので、今年は1年間4番に据えるくらいの気持ちで挑んで欲しいです
山口も魅力的ですがまだ1軍経験がないのでまずは安田の後を打ち、そこでどんどん成長してくれればチームは盤石になると思いますし。
最後に開幕戦のスタメンを予想して終わります。

8 藤原
7 荻野
DH マーティン
5 安田
3 山口
9 菅野
4 中村奨
2 田村
6 藤岡
投 二木

いよいよ明後日、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA