また1軍の舞台で投げることを楽しみに待つ

佐々木朗希が先発のマウンドへ

日曜日の試合が雨天中止になりその代替試合としてベイスターズとの練習試合が行われました。
先発は日曜日投げる予定だった佐々木朗希がそのままスライドで登板。
プロ初先発のマウンドに立ちました。
1回はストレート中心で三者凡退に抑えます。
球速は150キロ以上を計測していましたし、ボールになるとしても低めに外れていましたし、スライダーもストライクゾーンに投げれていました。
ただし2回はツーアウトを取るまではよかったのですがランナーを出してからリズムが崩れましたね。
特に失点の場面はピッチャー相手に押し出し四球、パスボールは田村のミスの影響もありますがまあ自滅と言っていいでしょう。
一戦目とは違い課題の残るマウンドでした。
カウントが取れる変化球がないと厳しい、ストレートだけなら打者が投手でもカットされる、ランナーを出してからのクイックなどこの短い投球イニングでも気になるところはたくさんありました。
ただ今日はこれでよかったと思いますし、私自身は今日の結果はポジティブに捉えています。
課題はこれから修正すればいいですし、試合後のコメントでは自分自身でしっかり分析できているようです。
素材は素晴らしいですがまだまだ発展途上、当面は2軍でしっかり鍛えて次1軍で投げる時を楽しみに待ちたいと思います。

投手陣は仕上がったが…

2番手の鈴木は2回投げてナイスピッチングでした。
短いイニング限定なら150キロ近い球速も出ますし、良いところに決まっていましたね。
延長戦なしのルールになりましたので、とりあえず初先発時は後先考えずどんどん言って欲しいですね。
今日は唐川は打たれましたがあまり心配する必要はないでしょう、こんな日もあります。
ハーマン、益田、小野は特に問題なし。
開幕に向けて投手陣の仕上がりは順調でしょう。

一方の打線は打順を変えてきました。
まずは安田を4番に戻し山口が5番、1,2番を藤原荻野の並びにしてきましたね。
まあ安田は土曜日のゲームで大暴れしましたし、チーム的にも4番安田が理想なのでしょう。
1,2番はいじる必要があまりなさそうですが、藤原マーティン安田と左打者が続くのを嫌ったのですかね。
ただ打線を変えた効果はあまりなく、今日は終盤まで点が取れませんでした。
特に井上と藤岡は状態が気がかりです。
まあ今更ジタバタしてもどうしようもないので腹をくくるしかないですが…。

頼むぞ代打陣

得点は吉田のホームランと角中のタイムリーの2点のみでした。
ただ吉田は相変わらずバットがよく振れており、あの弾道で左中間の深いところに入るホームランを打てるのであれば大したものです。
角中は状態がやや不安でしたが最後の最後で結果を出しました。
両選手とも勝負所での代打起用が想定されますので今日の結果は頼もしい限り、シーズン中も頼んだぞって気分です。

大ベテランの鳥谷も今日はヒットを放ちました。
試合後には藤岡が低調かつ小川も開幕アウトが濃厚ですので、開幕スタメンに鳥谷なんて報道すらありました。
さすがにそれはないとは思いますが完全に否定できないくらいの藤岡の状況ですし、そんな報道が出てしまうくらい鳥谷に対して井口監督は信頼があるのでしょう。
開幕ショートは誰が守ることになるんですかね。

さあこれで開幕前の実戦はすべて終了で、いよいよ金曜日が開幕です。
今までやってきたことを信じてやるしかありません。
投手陣の充実ぶりは目を見張るものがありますので、接戦の試合をいかにものにするかが問われそうですね。
楽しみにして金曜日を待ちたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA