開幕一軍を勝ち取るのは誰だ

さて昨日は中止でしたがこれでオープン戦も終了しました。
石川の離脱やレアードのコンディション不良等、そしてルーキー小川の負傷はありますが、概ね順調に実践を重ねられたのではないかと思います。
一応明日練習試合はありますがこれで開幕1軍の選手選考は終わった考えていいでしょう。
そこで今回は開幕1軍メンバーを考えてみたいと思います。
今年も1軍登録は31選手でベンチ入りは26選手、外国人選手は一軍が5選手登録可能でベンチ入りが4選手までのルールが継続だそうです。
個人的な願望もありますが、井口監督の性格、オープン戦での起用方法を踏まえて考えました。
投手、捕手、内野手、外野手に分けて考えていきます。

悩ましきリリーフ陣、東條になにかあった?

投手(12人→14人)
先発:美馬、二木、鈴木、(小島)、(岩下)、(本前)
中継ぎ:(佐々木千)、唐川、小野、ハーマン、田中、益田、河村、土居、フローレス

投手陣は昨年と同じで12人でスタート、開幕6戦目で中継ぎ1人抹消で14人で運用だと思います。
開幕ローテはこの6名で確定でしょう。
石川は4月中旬には復帰できるとの報道があり、ローテが3周りくらいした時期ですのでその場合は誰が外れるかですね。

中継ぎ陣は悩みました。
まず益田ハーマン唐川小野は確定でしょう。
順当にいけばこのあとは東條なのですが、3月12日以降登板した形跡がありません。
さすがにこれは何かあったと考えるべきですし、開幕1軍からは外れると予想しました。
そうなると残りのリリーフ陣は河村、土居が有力で、ロングリリーフ枠としてはフローレスと佐々木千隼でしょう。
ただし今年は延長戦なしのルールがあるためロングリリーフの需要が減るため、佐々木千は6戦目から外れると考えます。

同じく候補の中村稔は当面の間は2軍で先発調整ですかね。
左腕が欲しいのですが山本永野は相変わらずですし、成田のフォームを変えた効果が見えません。
そして松永はいつのまにか消息不明に…。
とりあえず投手陣はこの布陣と予想します。

吉田は打でも期待

捕手(3人):田村、吉田、柿沼

正捕手の田村、2番手捕手に柿沼は順当に選出です。
第3の捕手は佐藤都と悩みますが、打撃好調な吉田が1軍メンバーに入るのではないかと思います。
打席数は少ないですがオープン戦で打率5割ですからね。
右の代打選手が少ないチーム事情ともマッチしますし。
佐藤は当面2軍でキャッチャーとしての能力を上げて、田村との正捕手争いを繰り広げる相手となるべく成長を見せて欲しいです。

小川がダメなら鳥谷

内野手(7人):藤岡、安田、中村奨、平沢、小川(鳥谷)、井上、山口

ファーストかDHでの起用が有力な山口は外野手登録ですがこちらに入れました。
状態の上がらないレアードはさすがに開幕カードからの起用はないと判断しました。
ファーストは山口or井上、セカンドは奨吾、サードは安田は確定でしょう。
ショートはおそらく小川を起用するプランだったでしょうが、金曜日の試合での怪我の程度がまだわかりません。
開幕カードに間に合わないならショートは藤岡で、バックアップ要員はまずは平沢でしょう。
そして井口監督の好みの問題もありますしコメントでも起用する気満々ですし、一応どのポジションも出場することができる鳥谷が有力だと思います。
福田光や西巻は2軍戦では結果を残しているようですが、さすがにオープン戦後半に一度も呼ばれていないのでさすがに一発大逆転はないと思います。

流れを変える選手が欲しい

外野手(7人):荻野、藤原、角中、岡、菅野、和田、マーティン

外野手はレフト荻野、センター藤原、ライトマーティンが基本布陣。
そこに打力もありレフトとライトの守備なら水準以上の菅野が4番手の外野手として虎視眈々とポジションを狙います。
そしてあの俊足で得点の可能性を大きく上げてくれる和田も欠かせません。
1軍でのオープン戦は不調でしたが勝負どころの代打として角中は入ると思います。
井口監督の性格上実績のある選手にはまずチャンスを与えていますし、2軍の試合では無双してますのでそこまで心配しなくてもいいかなと考えています。
個人的にも角中には代打屋としてもう一花咲かせてほしく思っています。
最後の枠には岡。
春先のスタートダッシュを考えるとちょっと低空飛行モードになってきたかなとは思いますが、打撃がダメでも脚がありますし流れを変えることができる選手であることには違いないと思います。
髙部は2軍レベルではやることないとは思うのですが、1軍のベンチに座らせておくのとどちらがいいかとの判断で当面は2軍だと思います。
1軍メンバーに何かがあった場合はまず髙部が呼ばれるでしょう。
福田秀平はさすがに状態悪すぎです。
急がば回れでもう一度ミニキャンプみたいなことをしてもいいのではないでしょうか。

以上のメンバーが開幕1軍と予想します。
この開幕1軍メンバーで競争はひと段落ですが、競争はこの後も続きます。
特に内野手はレアード、エチェバリアの合流もあるでしょうから激戦区ですね。
常勝軍団にふさわしいハイレベルなチーム内争いを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です