本人もチームも痛い

好事魔多し

昨日書いた開幕前の気になるポイントの目玉、ショートの開幕スタメン争い。

オープン戦残り3試合、個人的に気になる3つのポイント オープン戦残り3試合、個人的に気になる3つのポイント

今日のスタメンはその有力候補の小川です。
ここで起用されるということは監督も小川で行くと腹を決めた感じがしましたが、3回にまさかの展開。
内野安打で出塁し次の荻野の打席で盗塁を試みた際に右足を捻り負傷交代しました。
ベースカバーに入ったショートの動きが気になったかもしれませんが、ちょっと変なスライディングになってしまいましたね。
野球に怪我は付き物ですが、この開幕を1週間前に控えたこの時期に離脱の場合は痛いですね。
自力で歩けていましたし大事には至らないと思いますが、ここまで順調に来ていただけに本人も悔しいはず。
軽傷であるといいのですが…。

交代出場した藤岡ですが、5回のチャンスではタイムリーを放ちました。
前の田村がタイムリーを放ち、続くチャンスでしっかり追加点が取れたことは高評価です。
さらに守備でも素晴らしいダイビングキャッチを見せるなど好守に活躍しました。
開幕スタメン争いで小川に後れを取っていましたがやはり3年間レギュラーを守ってきただけあり良いプレーを見せてくれましたし、もし小川が離脱となった場合でも大きな戦力ダウンは免れそうです。
緊急事態でもしっかり代わりの選手が結果を出す、チーム力がついてきたと思います。

貫禄すら感じるその背中

先発の二木は開幕前最後の登板。
今日もストライク先行でテンポ良く投げ込んでいきます。
ストレートの球速も140キロ中盤まで出てきていますし開幕に向けて状態が上がってきました。
3回と4回は相手の拙攻に助けられた感もありますが、ピンチでも動じずにしっかりとコースに投げており、開幕に向けては不安ないと思います。
今日も5回を投げ無失点、オープン戦通算でも13回を無失点と出来過ぎなくらいです。
来週の開幕戦が楽しみですね。

二木以降は勝ちパターンの投手たちが登板。
唐川と益田は無失点、ハーマンは1点取られしたが3投手ともみている限りは問題ないような見えました。
この3投手がリリーフの柱になるので頼もしい限りです。

最後に登板した河村はまた1失点、これで3試合連続失点です。
過度に心配する必要はないと思いますが気になっちゃいますね。
ただストレートの球速自体はだんだん上がってきましたのでコンディションは上向きだと思いたいのですが…。

鳥谷の生きる道はあるか

今日から大ベテランの鳥谷が1軍合流。
2軍ではあまり結果が出ていないようですが、開幕1軍に滑り込みをかけますが、今日は途中出場で1打席のみ(結果は四球)。
平沢も1軍に帯同していますし、正直鳥谷にはなかなか出番が与えられないと思います。
もしあるとしたら精神的支柱としてのベンチ入りですが、正直その枠の余裕があるかどうか。
どのような判断になるのでしょうか。

決勝点は和田の脚から。
マーティンのツーベースの代走で出塁すると、ワイルドピッチ2個で得点を奪ってきました。
特にホームに生還した場面は、キャッチャーが弾いたボールが3塁側に転がり判断が難しいと思いますが、迷わずスタートを切りセーフに。
本当にあのスピードは脅威ですが、そこに判断力がついてきましたね。
終盤のオプションとしてこれほど心強いものはありません。

昨年のセリーグ覇者とのオープン戦は3-2で勝利。
全体的には良い攻撃、良い守備だったと思いますが、巨人先発の菅野の前には手も足も出ませんでした。
菅野クラスでもなんとか食らいつかないとパリーグは勝ち抜けませんので1点くらいとってほしかったのですが…残念。
明日からのベイスターズとの2連戦は内容と勝利両方を期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です