オープン戦残り3試合、個人的に気になる3つのポイント

オープン戦も残すところも3試合のみ。
開幕に向けてチームの構想はだいぶ見えてきましたが、まだまだ心配なところ、決着がついていないところがあります。
そこで個人的に気になる
3つのポイントについて考えます。

1.ショートのポジション争い

藤岡と小川の一騎打ちですが、果たしてどちらが開幕スタメンを勝ち取るのかまだ決まっていません。
ここのところは小川の評価がどんどん上がっています。
持ち味である守備はフットワークの軽さ、ハンドリングの柔らかさ、スローイングまでの速さとマリーンズでもトップクラスの技術の持ち主であると思います。
課題の打撃もヒットこそそんなに出ていませんがしっかり捉えた打球が多いですし、足も速く小技も使えます。

一方の藤岡は3年間の経験のアドバンテージこそありますが、課題である打撃はオープン戦でもあまりアピールできていません。
守備も小川に比べるとやや見劣りしてしまいます。
私自身選手のローテーションが必要と考えておりどちらの選手も長いシーズンでは必要でしょうが、開幕スタメンの座は今年の戦いを考える上で大事なこと。
残り試合で藤岡のパフォーマンスが低調ですと、開幕スタメンはルーキーが射止めるかもしれません。

2.リリーフ陣Bチームのメンバー

リリーフ陣は抑えの益田、勝ちパターンであるAチームのハーマン唐川小野は確定ですが、接戦ビハインドロングリリーフでの起用がメインのBチームのメンバーはまだ定かではありません。
石川の離脱により、吉井コーチは
Bチームにはロングリリーフができる投手を多めに入れたいとの意図を明らかにしています。

そうなるとロングリリーフが得意なフローレスはほぼ確定、昨日回跨ぎの投球をこなしたルーキー河村も有力でしょう。
経験豊富な東條も変則タイプとして欲しいところです。おそらく残り1枠で、田中靖、土居、中村稔弥、佐々木千隼、有吉あたりが候補でしょう。
個人的には土居に期待しているのですが、ロングリリーフができる観点からは中村や千隼、有吉なのかなぁという気もします。

3.開幕ベンチ入りの外野手をどうするか

レフト荻野、センター藤原、ライトマーティンが基本布陣。
打力もありレフトとライトの守備なら水準以上の菅野も
4番手の外野手として開幕1軍が濃厚で快速の和田も欠かせません。
そうなると外野手で登録できるのは残り
1枠か2枠でしょう。

最有力は角中。
勝負どころの代打要員としてはまだやれると思います。
1軍のオープン戦では結果が出ていませんが2軍の試合では無双してますのでそこまで心配いらないと考えています。

岡は1ヶ月前の勢いがなくなってきました。
打撃での強みがないとすると、足は和田の方が優先度高いですし、守備でも和田や菅野で事足ります。
だったら角中をベンチに入れた方が作戦に幅が出る気がします。
もちろん内野手を減らして岡をベンチに入れる可能性もありますが。

福田秀はちょっと厳しいですかね。特に使いたい場面が思いつきませんし。
髙部も使ってみたいのですが、同型が多過ぎてベンチに入れづらいでしょう。
加藤は髙部より優先順位が低い気がします。
外野手は駒が多く作戦に大きく影響しそうなのでどの選手を1軍のベンチに入れるか楽しみです。

残り3試合、私はこの目線で試合を見ます。

2 COMMENTS

ヤマ

ショートのポジション争い、楽しみですね!
私が応援するスワローズも同じことが言えそうです。
ルーキーの元山選手に頑張ってほしいと思っています。
どちらのルーキーが先にポジションを射止めるか!

返信する
chikuma

ヤマさん
ショートは重要なポジションですので誰が務めるかは重要です。
本山選手もドラフト時は評価が高い選手だったので楽しみですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です