本前の好投に打線が応える

勝てる投手の素質あり

マリーンズの先発は嬉しい支配下登録を勝ち取った本前。
立ち上がりから安定した投球を見せ、3回まではほぼ完璧に抑えます。
4回には連打を浴び無死12塁のピンチを招き、迎えるは4番の中田。
しかしそこでも冷静に対処します。
外角のボールでカウントを稼ぎ、内角高めに速いボールを見せ、最後は外のツーシーム(チェンジアップ?)で併殺打に打ち取る完璧なピッチング。
続く大田も力のないピッチャーゴロに打ち取り無失点で切り抜けました。

このピンチでの投球は本当に評価が高いです。
本前自身が自分の投げるボールの特徴を理解しており、田村のリードの意図をしっかり汲み取ることができ、そしてそのリード通りに投げられる制球力を持っています。
まさに勝てる投手です。
無駄な四球も出さないですしね。
ストライク先行でテンポもいいので野手もリズムを作りやすいと思います。
途中降板が気になりますが大事に至らないことを祈るばかりです。

2番手には河村が緊急登板。
準備が十分ではないなか得点圏にランナーを背負った場面でのリリーフでしたが、しっかりとしたマウンド捌きで無失点に抑えるナイスリリーフ。
この予定外の登板+打たれた次の試合できちんと結果を残すのですから本物でしょう。
ストレートの球速も出てきましたしね。
回跨ぎ6回は1失点しましたが最小失点に抑えましたし問題ないでしょう。

打線は底を抜けたか?

先制点は2回に安田のバットから。
上沢から左中間を破るタイムリーツーベースを放ちます。
やはり安田はあの方向の打球が伸びますね。マリンだったら入っていたかもしれません。
ただその後の打席はいいところなし。
特に6回のチャンスでの打席でカウント2-1から甘いスライダーを見逃してしまったのはいけません。
結果はどうであれ振るべきでした。
その裏からサードは平沢に変わっていましたが懲罰交代みたいなものでしょう。
状態は上向きであるのは間違いないですが、積極性が欠けていたら打てるものも打てません。

調子の上がらない藤原や菅野もタイムリーを含む2安打を放ち、4番に座り続ける山口もレフトスタンドに突き刺さる豪快な一発を放ちました。
打線全体でも12安打放ち、4得点は少し寂しいですが、今日は良かったと思います。
山口はチャンスで併殺打もありますが思いっきり振っていくあのスタイルは武器ですね。
全員ができるわけではないと思いますが、マリーンズ打線に新しい風を吹かせてくれますし、見習うべき選手は多いはずです。

9回はフローレスがバタバタしましたが、4-3で逃げ切り札幌遠征は11敗。
あとは関東圏に戻ってオープン戦は残り3試合です。
レギュラー争い開幕1軍争いの結末も気になりますし、日曜日は佐々木郎希の先発予定もありますので楽しみが多いです。
いい戦いを期待しつつ本前が軽傷であることを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です