開幕ローテのピースが埋まった

本前の支配下登録が決定

本前投手 支配下選手登録について|千葉ロッテマリーンズ (marines.co.jp)

昨日の試合前に本前の支配下登録が決定しました。
まあここまでの結果を振り返ると当然でこの支配下登録に関しては驚きはしませんが、それでもこうやって努力が報われる光景を見るのはうれしいものですね。
背番号は49、昨季に退団した同じ左腕のチェンが付けていた番号です。
同じ左腕ということでイメージが重なりますが、本前には是非ともチェンを超える成績を残し、背番号49を自分のものにしてもらいたいです。

開幕ローテ争いは残り1枠を残すのみ、その最有力候補が本前と考えられています。
中村稔弥にせよ佐々木千隼にせよ有吉にせよ現状アピール不足感が否めませんので、思い切って本前の起用は全然ありだと思います。
先週の楽天戦での登板を見ると1軍レベルでもやっていけそうです。

先発起用を考えるにあたり、あと問題はスタミナ面がどうかですね。
昨シーズンもファームでは最長で6イニングくらい、球数は90球くらいが最多とのこと。
ローテで回るにはさすがにもう少し長いイニング、多い球数を投げて欲しいところですが、球威がなくなってしまったら元も子もありません。
まだその辺の不安はありますが、それでも間違いなく1軍の戦力になってくれるはずですし期待して見守りたいです。

打倒ホークスローテ

ロッテ1位鈴木昭汰 開幕3戦目デビュー内定 – プロ野球 : 日刊スポーツ (nikkansports.com)

井口監督も昨日の鈴木の投球を高評価で、これで開幕3戦目の登板が内定しました。
これで開幕カードのホークス戦の先発は二木→美馬→鈴木となります。
二木は昨シーズンホークス相手に4試合投げて3勝0敗防御率3.20と高相性。
それよりも相性が良かったのが美馬で、7試合投げて5勝1敗防御率2.70と抜群の成績でした。
鈴木も対外試合ではホークス相手に2試合登板していまだに無失点で、ホークス打線にとってはいいイメージはないでしょう。
まさに打倒ホークスローテです。
打線の状態が上がってきてなので投手陣にかかる期待は大きいですが、その期待に応え得る選手たちだと思います。
開幕ダッシュが決まるといいですね。

心配の打線は…

その心配の打線はいまだ上昇の兆しが見えません。
井口監督は選手の入れ替えを示唆していますが、果たして使ってみたい選手がどれだけいるでしょうか。
レアードも状態がわかりませんが、試合に出れていない以上戦力とはカウントできませんし。
まあ打線は浮き沈みが激しいですから今はたまたま調子の悪い時期なのかもしれませんし、そう思っていないと心が折れてしまいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA