開幕カードでリベンジすればいい

鈴木の快投が光る

本日は開幕カードで激突するホークスとのオープン戦。
開幕前にあまり手の内は見せたくないところですが、苦手意識を持たないためにもなんとか勝ちたいところです。

先発には3戦目の登板が有力のルーキー鈴木。
初回から力のあるストレートを軸にホークス打線相手にどんどん投げ込んでいきます。
ほとんどのホークスの打者は差し込まれているように見えましたので相当キレのあるボールだと思います。
結局5回を投げて5奪三振で被安打は僅かに1本のみ、四球は2個出しましたが逃げての四球ではないので許容範囲でしょう。
王者ホークス相手に強烈なインパクトを残しました。

鈴木はストレートもいいですが、スライダーやチェンジアップも一級品ですね。
特に甲斐から三振を奪ったチェンジアップは素晴らしいです。
奪三振を取れる投手ですがストライクゾーンで勝負できるのでそこまで球数も多くなく、今日の試合に関しては5回で69球と文句なしです。

気になるとしたらまだ試合での最多投球数は今日の69球と多くはないので、100球くらいになったときにどうかですね。
疲れてきてボールが甘くなるとさすがにプロでは打たれます。
その辺はベンチのマネンジメントも絡んできますので、吉井コーチの見極め時が肝心になりそうです。
とにかく今日に関しては文句のつけようのないピッチングで、3戦目は任せたぞって気持ちです。

また打線が沈黙

金曜日の試合とほぼスタメンは同じで、変更はショートが藤岡になったところだけです。
このスタメンが基本布陣になるとなるのでしょうか。
今日は相手の先発高橋礼相手にチャンスを作るも無得点。
後続のリリーフ投手も打てず得点が取れませんでした。

まずターニングポイントは2回のチャンスで得点が取れなかったところでしょう。
まず井上の中途半端なスイングでの併殺打、あれはよくないです。
さすがに田村のライト前ヒットは当たりが良過ぎてで2塁走者は帰ってくるのは難しかったと思いますが、続く藤岡はインコースのボールを差し込まれショートゴロでチャンスを潰しました。
レギュラー争いの最中絶好のアピールチャンスでしたが、ここでアピールできないようだとポジションが奪われてしまっても文句は言えません。

3回も連打で作ったチャンスを三振ゲッツーでまたも潰してしまいました。
打順的にもクリーンアップだったのでわざわざスタートを切る意味があったかなとは思いましたが、オープン戦だからということにしましょう。
その後は高橋礼相手に完全に押さえ込まれました。
開幕カードで当たる相手なので悪いイメージを持ちたくはなかったのですが…。
まぁ一度対戦できたので対策のイメージもできるとポジティブに捉えましょう。
次は本番ですのでそこでリベンジです。

これでオープン戦もあと1週間、開幕が近づいてきました。
この1週間を悔いなく過ごし万全の状態で開幕を迎えて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA