偉大なる投手への第一歩を踏み出す

開幕投手が最高のお膳立て

本日からマリンでのオープン戦3連戦。
この3連戦の結果で開幕1軍メンバーはほぼ決定すると思われますので当落線上の選手たちにとっては大事な3連戦です。
本日から井上が今季初めて1軍に合流し早速ファーストでスタメン出場。
角中、福田秀、佐藤といった静岡遠征に帯同しなかった選手たちも出場機会を伺います。
またショートはルーキーの小川がスタメンでこちらのポジション争いも全く先が読めません。

そんな試合の先発は開幕投手の二木。
1回2回くらいはストレートが甘くなることが多く見えました。
右腕が見えづらいフォーム+腕の振りが早く球速以上にストレートは早く見えるはずですが、それでも球速の絶対値としては遅い方なのでちょっとの制球ミスが致命傷になりかねません。
今日に関してはコースと高さを両方間違うことはなかったので凌げましたが、まだまだもうひと段階上のステージがある投手だと思いますので立ち上がりは次回への課題ですかね。
3回以降はストレートがコーナーに集まってきて本領発揮といった印象。
この投球ができれば問題ないと思います。
まあ結果的には5回を投げて四球なしで無失点なので開幕戦にむけては順調だと考えていいでしょう。

素晴らしいの一言

6回からはついに佐々木朗希がマウンドへ。
昨年は1年間実戦から離れていましたので不安がないと言えば嘘になりますが、それでもどんな投球を見せてくれるのか期待感が大きかったです。
先頭の京田は初球のストレートに差し込まれファーストゴロ。
1球目からストライクゾーンに投げれていましたし落ち着いていたともいます。
2人目の阿部にはカウントが悪くなりましたが、これもストレートを詰まらせショートゴロ。
そして3人目のビシエドには全球ストレートで見逃し三振。
いやー、これはしびれました。
あのビシエドに対して直球勝負でボールを前に飛ばさせず、最後のアウトローは思わず苦笑いといった様子で相当いいボールだったのでしょう。
1回を12球で三者凡退とデビュー戦としては素晴らしい内容だった思います。
欲を言えばまだストレートが高いとか変化球でストライクが取れていないとか課題は多々あるのでしょうが、それはこれからのお話。
今日は将来のマリーンズを背負う、偉大なる投手への第一歩ということで胸に刻みたいと思います。

投手陣は3番手の小野、4番手の東條がホームランを1本ずつ打たれ2失点。
まあ彼らに関してはまあこんな日もあるくらいに思っています。
5番手の土居はちょっと変則的になりましたが、回跨ぎを経験できたのはプラスでしょう。
最後はちょっとバタバタしましたが、それでもいいピッチングだったと思います。
開幕1軍はどうかわかりませんが、今シーズン中のデビューは確実でしょう。

井上心配していなかったよ

打線はまず今日から1軍の井上が左に右に2安打。
合流初戦からきっちり結果を出しました。
2軍戦の映像でもしっかり振れているように見えてはいましたし、呼ばれてすぐ結果を出せるよう調整できていてさすがだと思います。
ファーストの守備も井上の方がやっぱり安心感がありますね。
レアードの状態も気になるところですし売り出し中の山口も1軍は経験不足ですので、調整が順調な井上の存在は頼もしく感じました。

ショートでスタメンの小川は守備も安定していましたし、打撃でもしっかりボール捉えていましたし、小技も決まりましたしとレギュラー奪取に向け猛アピールです。
エチェバリアの加入で尻に火が付いたはずの藤岡の停滞感は否めませんので、思い切って小川の開幕スタメンもありだと思います。
もう一人のライバルの平沢は1打席だけですが感じは悪くなかったので今後も期待です。

安田と藤原の打率1割台コンビは1安打ずつ放ちました。
藤原は左投手からしっかり捉えましたし、安田もセンターオーバーの2塁打と悪くなかったと思います。
復調のきっかけになる一打かどうかはわかりませんが、地道に1本ずつ積み上げていくしかないので我慢して起用して欲しいですね。

スコアは3-2と接戦での勝利でしたが、今日は非常に見どころのあるゲームだったと思います。
佐々木朗希をはじめ楽しみな若い選手たちが活躍してくれてうれしい限りです。
しかし開幕までもう時間がありません。
ポジション争いは最終局面、一体誰が生き残るのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA