敗けはしたけど開幕に向けて収穫もあった

もう支配下登録でいいでしょう

静岡でのイーグルスとの3連戦の最終戦。
マリーンズの先発は支配下登録を目指す育成2年目左腕の本前。
3回投げてイーグル打線を1安打無得点に抑える好投でした。
球速はそれほどありませんが見た目以上にストレートのキレがありそうです。
この時期に先発のマウンドを任されるだけでも首脳陣の期待感が伝わってきますが、そこでしっかりと好投をするわけですから大したものです。
まだまだ課題はありそうですが支配下登録は既定路線だと思いますので、あとは起用法をどうするかですね。

2番手には先発ローテ候補の有吉。
こちらは3回投げて4失点とアピールならず。
有吉は制球力を活かした投球が持ち味の投手だと思うので、特に5回の四球絡みの失点は印象が悪いですね。
そして6回の連打での失点は現在の実力な気もします。

開幕カードは二木美馬が確定で3戦目の鈴木もほぼ確実でしょう。
2カードは小島岩下が確定で残りが1枠です。
有力候補だった中村稔弥が昨日不安な面を見せ一気に混沌としてきました。
今日の結果を踏まえるとローテ6枠目は、中村稔、佐々木千隼、本前の3人に絞られたと思います。
どの選手が最後のイスを掴むのか、近いうちに答えは出るはずです。

4番が結果を出す

打線は4番の山口が大当たり。
3回にはオープン戦第1号となるスリーランホームランを放ちました。
甘いボールを逃さずに豪快にレフトスタンドに突き刺す豪快な一打でした。
しっかりその次の打席でも結果を残しており高評価です。
キャンプ当初の印象は「期待感はあるけどさすがにまだ1軍は早いだろ…」くらいに思っていましたが、ここ最近の急成長ぶりは驚かされます。
ルーキーの井上を開幕4番に起用したチームなので山口の開幕4番も全然あり得ますし寧ろ大本命かもしれません。

一方心配どころの安田藤原は今日はノーヒット。
安田に関しては四球を取れていると強がることもできますが、それにしてもタイミングが合いませんね。
私の目には何か一つ嚙み合えば状態は上っていきそうに思えるのですが…果たして。
藤原もノーヒットで打率が1割切りそうです。
外野手に関しては競争が激しいのでこの成績だと藤原とは言えども開幕1軍は厳しいかもしれません。
こちらも何か一つきっかけをつかめばとは思うのですが…。

今日は奨吾がスタメンから外れ平沢がセカンドで出場し3打数1安打でした。
さすがに奨吾が開幕スタメンから外れるとは考えにくいですが、それでもショートやサードはまだ誰が出場するかわかりませんし、結果が出ている平沢にとってはチャンスだと思います。
明日以降の試合でもある程度打席数もらえると思いますので継続して結果を出すのみです。

無失点が途切れる

8回に登板した河村は4失点でついにプロ初失点&負け投手に。
多少ミスが絡んだとはいえ今日は完璧に打たれましたね。
まあこれまでが出来すぎだった感は否めませんので、これで肩の荷が下りたといいますか、寧ろ開幕前に打たれておいて一安心といいますか…。
キャンプから今まで継続して結果を出してきましたので今日の投球だけで評価が下がるとは思いません。
大事なのはこの次の登板です。

これでイーグルスとの3連戦は負け越しに。
3月11日ということでイーグルスも勝利の意識が高かったと思いますし、その差もあったかなといった印象です。
まあ今日の試合に関しては結果はついてきませんでしたが、本前の好投、4番山口の一発、ルーキ―河村もプロの厳しさを知ることができ収穫の方が多かったと思います。
明日はマリンに帰っての試合です。
ついに佐々木朗希がデビュー予定で楽しみですね。
まあ正直それはおまけみたいなもので、きちんと内容のあるゲームを期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です